good4

「今度こそ痩せよう!」と思っても…

自分一人のダイエットは挫折してしまいがちですよね。

正しいダイエット法も自分の体質も分からない状態で、やみくもに運動したり、食事制限をしてもなかなか思うように体重は落ちないという人は多いと思います。

巷にあふれているダイエット食品やサプリメントも「簡単にスリムに!」と宣伝していますが、それで思うように成果は出たでしょうか?

good4

効率よくキレイに痩せるために、専門家の力を借りて、今度こそダイエットを成功させましょう。

この記事では、ダイエット外来とはどのようなことを行うのか、そしてどんなメリットがあるのかを詳しく解説します。

【関連記事】
>>脂質を減らして痩せるサプリメント!脂質カットにデメリットはあるの?

>>玄米食でリバウンドしないダイエットする。玄米のメリット・デメリットを知る




【人気体験談記事2本】




ダイエットを病院に委ねる肥満外来

ダイエット外来は、病院で医師によりダイエットの指導を受けるものなので痩身エステのように誰でも受診できる訳ではありません。

ではダイエット外来はどんな条件の人が受診できて、どのような治療を行うのでしょうか?

生活習慣や体質を改善する

一人でダイエットをしている時に、挫折する大きな原因になるのは、習慣を変えられないことではないでしょうか?

食事の回数や量、運動など、長年の太る原因になる習慣を自分の意志だけで変えるのは生半可なことではありません。

ダイエット外来では、その時だけ痩せられればいい…というものではなく、その人の体質を変えていくために、食事や運動などの普段の習慣から改善する治療をしてくれます。

・食事療法(食事の管理)

・運動療法

・行動療法

・薬物療法

具体的にはこのような治療法で、痩せやすい体質へ変えていきます。

食事療法では、脂質や糖質を控えて食物繊維やタンパク質の多い食事を取るよう指導を受けます。

始めからキツい食事制限をするとリバウンドする恐れがあるので、ひとりひとりに合わせて続けられる範囲でカロリーを抑えるようプロが指導します。

>>短期間で痩せたファスティングだとリバウンドしやすい?

運動療法では、ダイエットに最適な有酸素運動と筋トレをバランス良く、毎日の生活習慣に取り入れて、基礎代謝を上げることで痩せやすくします。

これも、始めは15分など無理のない範囲から、徐々に増やしていけるようプロのアドバイスを受けながら行います。

そして、行動療法とは認知行動療法という心理療法のひとつです。

肥満症の人によく見られる

デブ3

・暴飲暴食

・まとめ買い

・ストレス


…などの、悪いクセととなっている習慣を根本から改善していき、無理なく痩せられるよう指導をします。

それでも体質によってなかなか体重が落ちない場合は、医師の判断によって食欲を抑える薬を処方されることもあります。

このように、ダイエット外来では、患者の毎日の生活習慣からメンタルケアまでをトータルでケアして、ただ痩せるだけではないリバウンドしにくい体質をつくっていきます。

>>ダイエットでリバウンドを繰り返す人の原因

東京の肥満外来

・BOOCSホリスティッククリニック東京

東京都中央区銀座3-4-1
大倉別館4階 

http://www.boocsclinic.com/tokyo/

・水道橋メディカルクリニック

東京都千代田区西神田1-4-11
サンポウ水道橋ビル301号

http://www.suidoubashimedical.com/

・渋谷DSクリニック

渋谷区渋谷3-11-2
パインビル1F

https://dsclinic.jp/

大阪の肥満外来

・北星クリニック大阪

大阪市北区梅田2-5-5 
横山ビル7階

http://www.diet-clinic.jp/ohc/

・水都メディカルクリニック

大阪府大阪市福島区福島1丁目1-51
堂島クロスウォーク4F

http://www.suito-med.com/

部分痩せに悩んでる人には外科治療もある

ダイエット外来は医療機関でおこなうので、場合によっては外科治療も可能です。

デブ3

・脂肪吸引

・脂肪溶解注射

・メソセラピー(脂肪溶解注射)

このような治療は、あくまでも肥満の改善のためにおこなうものなので、美容目的では受けられません。

確実に効果を感じられるものが多く、ダイエットだけでは落ちにくい部分の脂肪をキレイに減らすのに最適です。

自分が治療を受けられる条件に当てはまっているか、医師とよく相談しましょう。

ダイエット外来を受診できる人の条件

すでにお話ししたように、ダイエット外来は美容目的ではなく、あくまでも肥満の治療をおこなうところなので、誰でも受診できる訳ではありません。

病院によって多少の違いはありますが、基本的にダイエット外来で治療を受けられるのは、すでに肥満体型で、生活習慣病などを併発している人に限られます。

具体的な数字では、

・BMIが25以上

・腹囲が、男性は85cm以上、女性なら90cm以上

であることが条件です。

BMI指数は、以下の計算式で求めることができます。

BMI指数=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

一般的にはBMIが25以上で、生活習慣病などの病気を引き起こすリスクがあるといわれているので、その治療をおこなうのがダイエット外来なのです。

自分では肥満だと思っていても、条件に当てはまっていないと治療はできないので、一度BMI指数を計算してみることをおすすめします。

>>【BMI】女性の理想体重はどんな感じ?人気芸能人のBMIは?

病気が関連すれば健康保険適用もあり

一般的には、ダイエット外来が医療機関でおこなう検査や薬の処方、手術台は保険適応外で、自費となることが多いようです。

しかし、肥満の状態がひどく、さまざまな病気を併発していたり、医療行為が必要だと医師に判断された場合、保険が適用になる場合があります。

・BMI35以上の高度肥満

・メタボリックシンドローム

・高血圧症

・糖尿病

・高脂血症

・脂肪肝

・肥満症

・脂質代謝異常症

・その他肥満が原因とされる障害

このような症状がある場合は保険適用になる病院が多いようですが、医師の判断によって左右されますので、一度カウンセリングを受けることをおすすめします。

病院なら確実に痩せるの?

good4

ダイエット外来で治療を受けた場合、痩せられる確立は90%だといわれています。

自分一人でやみくもにダイエットするよりも、格段に高い確率で成功するといえますね。

ただし、いくら医師に指導を受けているからといって、地道な努力なしでは痩せられません。

病院では、あくまでも体質から改善してリバウンドしないダイエットを指導していきますので、すぐに、そして楽に痩せられる訳ではありません。

途中で通院するのをやめてしまったり挫折することの無いよう、結果が出るまでには、ある程度時間が必要だということを覚えておきましょう。

ダイエット外来でできること~病院に通うメリット

ダイエット外来でどんな治療をするのかは分かりましたね。

では、自力のダイエットではなくダイエット外来に通うメリットを見ていきましょう。

先生の診断で肥満の原因を知れる

ダイエット外来では、実際に治療を行う前に、

デブ3

・血液検査

・遺伝子検査

・内臓脂肪のチェック

をおこない、個人の性格なども考慮した、ひとりひとりに合ったダイエットメニューを組み立てます。

見た目では分からない肥満の原因を明らかにすることで、効率よく、確実にダイエットすることが出来るんです。

中には心理カウンセラーが在籍していて、精神面からもケアしてくれるクリニックもあります。

プロの指導により適切なダイエット方法を知れる

ダイエット外来では、医師の他にも薬剤師や管理栄養士などがチームになってダイエットメニューを考えてくれる病院もあります。

正しいダイエット法で健康的に痩せることで、体重や体脂肪率、そして脂肪量は減り、徐脂肪量や体水分量は変わらないという理想的な体になることが出来ます。

徐脂肪量とは、骨や筋肉、内臓の重さを示したもので、これが減ると脂肪だけでなく、筋肉まで痩せてしまっているということです。

また、水分量が減ると、むくみが取れてスッキリした体型になれますが、一時的に水分を取る量を減らすだけでは体質から改善したとはいえません。

しかも、水分を取らないダイエット法は健康の面でも危険です。

>>本当に痩せるお茶8選!お茶飲んでダイエットに成功する

キレイなスタイルを作るための筋肉や、健康に必要な水分は減らさずに余分な脂肪だけを減らすことが、正しいダイエットには必要なのです。

無理な運動をする必要はなくなる

つらい筋トレやジョギングなどの激しい運動を無理しておこなっても、結局イヤになって効果が出る前にやめてしまったり、体を痛めてしまうようなら意味がありません。

>>セックスやキスはダイエットに効果あるのは知ってる?

ダイエット外来では今までの生活習慣や、個人の性格を知るために必ずカウンセリングをおこない、無理なく続けられるメニューを組んでくれます。

時には、肥満体型の人が運動をすると関節や内蔵に負担をかけてしまうので、まずは運動せずに体重を落とすことに集中するよう指導を受けることもあります。

もう無理な運動はやめて、プロの指導を受けながら、続けられるダイエットをしていきましょう

無理なく生活習慣、体質を改善できる

肥満体型の人に共通している生活習慣は、やはり高カロリー・高コレステロールの食事をやめられないことではないでしょうか?

>>高カロリーな餃子ダイエットは痩せる?痩せない?

>>春雨ダイエットで痩せれるの?春雨は高カロリー、高糖質?

デブ3

ダイエットでもっとも重要となる食事のコントロールは、自力で改善するのはかなり困難です。

しかも、正しい知識がないと、野菜だけを食べて栄養が偏ってしまう不健康なダイエット法になってしまうこともあります。

ダイエット外来では、たとえダイエット中でも、主食になる炭水化物、そして肉や魚などのタンパク質はしっかり取るよう指導されます。

>>ダイエット中にタンパク質の摂る効果的な方法

そして、ひとりひとりの摂取カロリーに合わせた運動やその他の治療をおこなうので、リバウンドすることなく肥満体質を改善することが出来るのです。

食欲抑制剤などに頼ることもある

高肥満といわれるBMI35以上の人や、生活習慣の改善だけでは体重を落としきれない場合、内服薬を処方される場合があります。

肥満外来で用いられる薬は主に以下のようなものがあります。

・サノレックス、リダクティル:食欲を抑える薬

・コレバイン、ゼニカル:脂肪吸収を阻害する薬

なかにはネットなどで購入できる薬もありますが、サプリメントではなく薬なので、服用すると下痢になりやすくなるなど副作用が出ることもあります。

自己診断で服用をせず、必ず医師の診断のうえで服用するようにしましょう。

デブ3

そして、薬を飲めば努力せずに痩せられるという訳ではないことも覚えておいて下さい。

あくまでも日々の生活習慣をしっかりと整えたうえで、補助的な役割として処方されるものです。

サノレックス
満腹中枢を刺激し、食欲を抑える働きがあります。そのためこの薬を飲むだけで痩せるわけではないので、薬を使用するほかにきちんと食事療法や運動療法を併せて行う必要があります。

ゼニカル
脂肪の吸収を抑制し、排出するはたらきがあります。そのため無理な食事制限をしなくても痩せる効果があります。ただし副作用として下痢になりやすいことがあるので、用法用量をきちんと守って内服しましょう。

引用元:https://media.carecle.com/articles/qFkyk

脂肪溶解注射

外科手術ではなく、脂肪を手軽に取り除く方法として、脂肪溶解注射が人気のある治療法です。

注射を打つだけで、ダイエットだけでは落とせない脂肪を部分的に減らしてくれる画期的な治療で、ダウンタイムや痛みもほとんどないのが魅力です。

ただし、太ももやお腹など、広範囲で脂肪がついている部位はなかなか目に見える効果が出にくいこと。

そして薬と同じで、食事や運動を気をつけたうえで、そのサポート役としてはじめて効果が出るものだということを覚えておきましょう。

参考:脂肪溶解注射(城本クリニック)
https://www.shiromoto.to/ct/mesotherapy/method/

痩せたい部位の皮膚内に有効成分を注入することで、皮下脂肪が減少し、溶け出した脂肪は血中を経て、尿や便として排出されるとても効果的に行える痩身法です。

手術ではなく治療で、極細の針で注射を打つだけなので、気軽に行える方法として大変人気の高い治療法です。

~~~~~~~~~~~~

主なリスク、副作用など
メソセラピー・脂肪溶解注射・BNLS注射等を行う場合、針を刺した箇所が一時的に赤くなることがありますが、殆どの方が当日中には気にならなくなります。

治療当日は少し突っ張った感じがありますが、時間の経過とともに減少します。
また、内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに気にならなくなります。

治療後すぐ、針を刺した箇所以外はメイクが可能です。
治療後翌日からは、針を刺した箇所もメイクが可能で、万が一内出血となった場合でも、ファンデーションやコンシーラーで気になる部分をカバーできます。

プロの指導によりリバウンドしない体質に

ダイエット外来では、短期間ですぐに痩せるような即効性のある治療はしません。

デブ3

無理な食事制限や運動は一時的に痩せても、結局続かずにリバウンドしてしまうからです。

ダイエットとリバウンドを繰り返していると徐々に脂肪が落としにくい体になってしまうので、本気で体質から肥満を改善したいと思っている人は、ダイエット外来での治療方法はぴったりです。

ダイエット外来のデメリット

ここまでで、ダイエット外来はメリットばかりだと思った方も多いと思います。

では、デメリットはどんなことがあるのでしょうか?

基本は保険適用外(自由診療)

ダイエット外来での治療費は、肥満が原因ですでに病気を発症していたり、医師の判断で医療行為が必要だと認められた人以外は、保険が適用されません。

心電図や血液検査、そして医師や栄養士などによるサポートの料金は、平均して1ヶ月に1万円以上かかるといわれています。

さらに薬を処方されたり、外科的な治療を合わせるとさらにお金がかかることになるので、自分の出せる予算と相談しながら、どこまで治療をすすめるか決める必要があります。

まとめ

自力ではどうしても痩せられない、痩せてもまたリバウンドしてしまうという人は、無理な食事制限や運動はやめて、生活習慣から見直す必要があります。

ダイエット外来では、ひとりひとりの体質や性格面を考慮して、医師や栄養士、カウンセラーがチームを組んで、あなたのダイエットをサポートしてくれます。

good4

健康的にダイエットしたい、体質改善したい!という人は、一度ダイエット外来でカウンセリングを受けることをおすすめします。




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?