【ライター:MIYABI】

ふとしたときに、デリケートゾーンから発生するくさい臭いを感じたことがある女性は、意外に多いようです。

そもそもデリケートゾーンは臭いが発生しやすい場所。

多少の臭いがあるのは仕方ありませんね。

ところが中には「このまま放っておけない!」というほど、とてもキツイ臭いが発生している方もいます。

いくらなんでも、あまり臭いがキツ過ぎることには要注意です。

デブ2

このようなことは友人にも相談しにくいですし、病院に行くことにも抵抗を感じますよね。

MIYABI

かと言って、市販の石けんやクリームでこの臭いが解消できるのか不安ですし…。

そこで今回は、デリケートゾーンのくさい臭いの原因と対策をご紹介します。

【関連記事】
>>色素沈着クリームのおすすめ3選!顔や陰部などの色素沈着に悩んでる人

>>陰毛に白髪の生えた時の白髪対策は?







デリケートゾーンの臭いの原因

デリケートゾーンのくさい臭いの原因には、様々なことが考えられます。

そのためもしかしたら、それらの思い当たる原因について一つ一つ向き合う必要があるかもしれません。

恥ずかしさや不安で負担に感じることもあると思いますが、臭いの解消ができる方法を見つけるためです。

今はまず、臭いの原因をしっかり探りましょう。

婦人科系の病気

デリケートゾーンのくさい臭いの原因は、もしかしたら婦人科系の病気からきているかもしれません。

デブ3

それは女性器から分泌されるおりものが、くさい臭いの素になることが多いからです。

婦人科系の病気では主に子宮と膣がその対象になりますが、これらに異常がみられると、おりものにも異常がみられることが少なくありません。

おりものの異常な臭いに注意すること

デリケートゾーンのくさい臭いがするときには、おりもののニオイに異常がないかを確認しましょう。

デブ3

正常なおりものは、少し甘ずっぱいようなニオイがします

というのもおりものは、子宮や膣などの分泌物や老廃物、皮脂腺や汗腺などからの分泌物などが含まれた膣内から出る分泌液。

そしてその膣内にはデーデルライン桿菌という常在菌がいて、雑菌の侵入や増殖を防ぐために乳酸菌を作り、酸性に保っています。

デーデルライン桿菌(かんきん)

からだの役に立つよい菌のひとつで、腟の中に常在して乳酸を産生しています。これよって腟内は強い酸性に保たれ、外からの細菌感染を防ぐことができるのです。このはたらきを、腟の「自浄作用」といいます。

引用元:https://www.weblio.jp/

つまりおりものの甘酸っぱいニオイは、そんな膣内で作られた乳酸菌のニオイなのです。

それなのにデリケートゾーンからくさい臭いがするのであれば、もしかしたら分泌液を作り出している子宮や膣などに異常があるのかもしれません。

おりものの色や状態にも注意すること

子宮や膣などに異常がある場合、おりものの色や状態にも注意をすることが必要です。

おりものには自浄作用という働きがあり、主に2つの目的があります。

体に雑菌が入ることを防ぐ

子宮や膣などの粘膜や古い細胞が剥がれた老廃物を排出する

ということは、子宮や膣などに異常があれば、おりものの量も増えたり色や状態にも異常が表れたりすることがあることがあります。

そのため臭いの原因となっているかもしれない婦人科系の病気を疑うには、これらのおりもののチェックも大切です。

デブ3

正常なおりものは、透明または白で糸を引くような粘りがあります。

臭いのチェックと併せて、注意をするように心掛けましょう。

子宮や膣に異常がある場合の病気

デリケートゾーンのくさい臭いの原因として子宮に異常がある場合には、主に4つの病気が疑われます。

いずれも強くキツイ悪臭が多く、おりものの量も増えます。

子宮内膜炎:黄色い膿や血液が混じったおりもの

子宮頸管炎:黄色や黄緑色の膿のようなおりもの

子宮頚管ポリープ:血液が混じったピンクや茶褐色のおりもの

子宮頸がん:血液や膿が混じったおりもの

また、デリケートゾーンのくさい臭いの原因として膣に異常がある場合もありますが、これは主に2つの病気が疑われます。

膣の場合には子宮と同様、おりものの量も増え強くキツイ悪臭がありますが、それに加えて魚のような生くささやツンとした腐敗臭などがあります。

細菌性膣炎:黄色や茶褐色、緑色などのおりもの

カンジダ膣炎:白っぽいクリーム状や、カッテージチーズのような白くボロボロとしたおりもの

これらを見ると、くさい臭いの解消も含めて、早目の受診が大切だと改めて感じますね。

雑菌の繁殖が原因

多くの場合、デリケートゾーンのくさい臭いの原因には雑菌の繁殖が挙げられます。

なぜなら雑菌は繁殖するときに老廃物を出すのですが、この老廃物が臭いの素になるからです。

そのためデリケートゾーンで、雑菌の繁殖が盛んであるほどくさい臭い度はアップするというわけですね。

それにしてもデリケートゾーンでの雑菌は、どのようにして繁殖するのでしょう。

MIYABI

それには様々な要因がありますので、ここでは主な3つの要因を見ていきましょう。

蒸れによる汗臭

デリケートゾーンでの雑菌の繁殖には、蒸れによる汗臭が大きく影響します。

なぜならデリケートゾーンは、ほとんどの場合一日中下着に覆われているからです。

私たちの体では、安静にしていても一日に 200ml以上の汗が出ていると言われます。

ということは、下着の中でも汗が出ていると考えられますので、蒸れて高温多湿状態が作られるということですね。

高温多湿は雑菌がとても大好きな環境。

デブ3

つまり蒸れによる汗は、雑菌を繁殖させて老廃物を出し、臭いを発生させているということなのです。

生理

デリケートゾーンでの雑菌の繁殖には、生理による影響も考えられます。

そもそも生理で排出される経血は、血液が入り混じってはいるものの、その大半は不要になり剥がれ落ちた子宮内膜や分泌物。

栄養がたっぷりと含まれています。

そしてその栄養は雑菌の大好物です。

デブ3

そのため雑菌は、それらを取り込みながら繁殖します。

さらに生理前には、皮脂の過剰分泌を抑えるエストロゲンが減少するため皮脂分泌が増加します。

ということは、雑菌にとって絶好の環境が作られますので、繁殖につながるということになります。

恥垢

デリケートゾーンでの雑菌の繁殖には、恥垢(ちこう)も影響を与えます。

恥垢は尿やおりものなどの分泌物が乾燥して、デリケートゾーンに固まった垢のこと。

デブ3

つまり雑菌の大好きな栄養が、たっぷりと含まれています。

女性のデリケートゾーンは大陰唇や小陰唇などひだのある外性器がありますが、恥垢はこのひだに溜まります。

雑菌はこのようにして溜まった恥垢をエサとしながら、繁殖するというわけです。

すそわきが(外陰部臭症)

デリケートゾーンのくさい臭いの原因には、すそわきがということも考えられます。

それはわきがの原因であるアポクリン汗腺が、デリケートゾーンに分布されているからです。

>>女性の脇汗対策!汗の臭いやシミは嫌ですよね

そもそもすそわきがは正式名称として外陰部臭症と呼ばれ、脇の下のワキガと同じ腋臭症に分類されます。

腋臭症(えきしゅうしょう)は、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で強い臭いを発する人体形質で、それを有する個人の属する集団によっては疾患としての扱いを受ける。ワキガとも呼ばれる。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/腋臭症

どちらも独特の嫌な臭いがしますがその悪臭は、アポクリン汗腺から出る汗から発生します。

それというのもアポクリン汗腺から分泌される汗には、雑菌が繁殖しやすい要素が揃っているのです。

・タンパク質、脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む栄養たっぷりの成分

・強い粘り気があり、雑菌が付きやすい

つまりこの汗に一度ついた雑菌はしっかりとその場に居座り、汗に含まれる栄養をエサとして繁殖しながら臭いを発生させるということになります。

スソワキガな人の特徴

悪臭を放つスソワキガには、なりやすい人の特徴が主に6つあります。

下着が黄色の汗で汚れやすい:アポクリン汗腺から出る汗が黄色のため

耳垢がしっとりと湿っている:アポクリン汗腺の働きにより、分布している耳の中も汗で湿る

親がワキガ体質:ワキガは遺伝する

自分もワキガ体質:アポクリン汗腺の他の分布場所でのワキガと併発する可能性が高い

アンダーヘアが多い:汗腺は毛穴にあるためアポクリン汗腺が多ければ、アンダーヘアも多い

肉中心の食生活:肉のタンパク質や脂質は、アポクリン汗腺の働きを活発にする

もしこれらの特徴にあてはまる項目があれば、今スソワキガで悩んでいなくても注意が必要です。

性感染症

デリケートゾーンのくさい臭いの原因は、もしかしたら性感染症からきているかもしれません。

それは性感染症になると子宮や膣などが悪影響を受け、おりものに異常が出て臭いが発生するからです。

クラミジア感染症:黄色や白の粘り気のあるおりもの

トリコモナス膣炎:黄色や緑がかった膿のようなおりもので、泡が混じっていることもある

淋病:黄色のおりもので、膿のようなものが出ることもある

生くさく強い悪臭を放つものが多いため、女性としてはいたたまれない気持ちになるものばかりですね。

普段のケアが大事!デリケートゾーンの臭いを予防する方法

様々なデリケートゾーンのくさい臭いの原因を見てきましたが、やはり臭いは発生させないことが一番ですね!

ここではデリケートゾーンの臭いを予防する、セルフケアの方法をご紹介していきます。

おりものシートの利用

デリケートゾーンの臭いケアとして、おりものシートを利用するという方法があります。

それは正常なおりものにも、臭いが発生することがあるからです。

・排卵前でおりものが最も多い

・生理前でおりものが多くなる

・おりものが出て時間が経過した

・蒸れが続く、またはひどい状態

このようなときに、シートを利用してみましょう。

ただ、その際にはシートによる蒸れを防ぐため、1~3時間に1回くらいの頻度でこまめにシートを替えることをオススメします。

通気性の良い下着

デリケートゾーンの臭いケアとして、下着は通気性の良い素材を選ぶということが重要です。

なぜならほとんどの場合、下着は一日中つけていますね。

通気性の悪い下着であれば蒸れてしまい、高温多湿状態を作ってしまいます

高温多湿はつまり雑菌が最も好む状態、臭いを作る素です。

そのため下着はなるべく通気性の良い綿またはシルクなどの素材を選ぶことをオススメします。

食生活

デリケートゾーンの臭いケアには、食生活への注意も必要です。

なぜならアポクリン汗腺の働きは食べるものによっては活発になり、汗や皮脂の分泌量を増やすことになるからです。

次の食べ物は臭いケアに効果的な食べ物ですので、積極的に食べることを心掛けましょう。

デブ3

腸の中で腐敗したり酸化したりして発生した、くさい臭いの解消が期待できますよ。

食物繊維が多く含まれる野菜や海藻など

ビタミンA、C、Eがたっぷりと含まれた食材:ニンジン、ブロッコリー、ほうれん草、イチゴなど

カテキンやイソフラボンが含まれた食材:緑茶、豆腐、大豆製品など

ナプキンの使い方に気をつける

デリケートゾーンの臭いケアには、生理時のナプキンの使い方にも注意が必要です。

それは雑菌が大好きな栄養たっぷりの経血や、分泌量が増加した皮脂がナプキンに付着し、臭いの発生を促進させてしまうからです。

ナプキンの頻繁な取り換え

生理時の臭いケアとして、ナプキンは1~3時間ごとに取り換えることをオススメします。

ナプキンが吸収する経血は、時間が経過すると雑菌が繁殖して臭いを発生させます。

また、経血の他に下着の中で発生した汗も吸収して蒸れの大きな原因を作ります。

つまり臭いの発生にはとても大きな影響を与えるため、頻繁な取り換えが必要だというわけです。

布ナプキンの使用

生理時の臭いケアとしては、布ナプキンの使用も一つの方法です。

布ナプキンの使用は、ズレや漏れが不安になることもありますし、洗濯も手間暇がかかり大変そうですよね。

デブ3

しかし布ナプキンは、つけた感触が快適ですし、通気性が抜群なのです。

そのため雑菌の繁殖を防ぎ、蒸れ予防や生理時独特の嫌な臭い予防に効果的です。

タンポンとの併用

生理時の臭いケアとして、ナプキンとタンポンとの併用も一つの方法です。

タンポンは膣の中で経血を吸収するため、経血そのものの臭いや外気に触れることで発生する臭いを抑えることが期待できます。

また、漏れや蒸れへのストレスの減少も期待できます。

しかし一方では、膣内での経血の吸収ということからそこに雑菌が繁殖する可能性がありますので、タンポンの長時間の使用はNGです。

そのため以下のように使い分けて併用すると、効果的な使用ができます。

経血を吸収したらタンポンは早目に取り換え、ナプキンに替える

ナプキンによる臭いや蒸れがとても気になるときに、タンポンを使用する

参考にしてくださいね。

陰部を脱毛する

デリケートゾーンの臭いケアには、陰部の脱毛という方法もあります。

>>彼氏や旦那はハイジニーナ脱毛はどう思う?ハイジニーナ脱毛のメリット6選

アンダーヘアはキレイに処理したつもりでも、排出された排泄物や生理時の経血がくっ付いている可能性があります。

また、汗が絡み蒸れの原因としても大きく関わります。

そのため脱毛ケアをすることで、臭いの原因解消も期待できるというわけです。

<デリケートゾーン脱毛のセルフケア法>

① デリケートゾーンをキレイに洗い、しっかりと乾かす

② 皮膚への刺激を少なくするために、保湿をしたり温めたりして脱毛しやすい状態を作っておく

③ 気になる長さの毛をカットする

④ 皮膚を傷つける可能性があるため、なるべくカミソリや毛抜きなどでの脱毛は控える
※ 皮膚への刺激が少ないヒートカッターや電気シェーバー、家庭用脱毛器などがオススメです。

⑤ 脱毛後はしっかりと保湿をする

ただ、脱毛のセルフケアは皮膚に刺激があったり傷がついたりすると、逆効果になる可能性があります。

そのため可能であれば、脱毛サロンや医療クリニックでのケアをオススメします。

>>脱毛石鹸 はデリケートゾーンに使えるの?

>>家で脱毛する【7選】!安く簡単にすね毛、脇毛、VIOを脱毛する

デリケートゾーン用石鹸で臭い解消

デリケートゾーンの臭い解消には、ボディ用ではなくデリケートゾーン専用の石鹸を使用すると、その効果が期待できます。

なぜならボディ用の石鹸では、洗浄力が強すぎるからです。

そもそもデリケートゾーンのくさい臭いの原因は、そのほとんどが異常なおりものの分泌か、雑菌の繁殖です。

ということは、それらの原因を発生させないための自浄作用を行うデーデルライン桿菌の存在が重要だということです。

とは言え、デーデルライン桿菌は洗いすぎたり、洗浄力の強い石鹸を使用したりすると排除される可能性があります。

そうなれば雑菌は、繁殖する可能性が高くなります。

そこでデリケートゾーン用の石鹸がオススメなのです。

デリケートゾーン用の石鹸なら、低刺激成分で不要な汚れや細菌を落とせるように作られています。

つまり洗浄力が強すぎるという心配もほとんどなく、安心して臭いの解消を期待することができるというわけです。

石鹸の選び方

デリケートゾーン専用の石鹸の選び方では、次のポイントに注意しましょう。

雑菌から守るため弱酸性で低刺激

殺菌効果や消臭効果が期待できる成分が含まれている

皮膚を刺激から守るためにしっかりとキメの細かい泡立ちができる

無添加

これらのポイントを重視すると、デーデルライン桿菌を大切にしながら気になるデリケートゾーンを洗うことができます。

ということは雑菌の繁殖を抑えて、正常なおりものの分泌や膣の自浄作用も期待できるということです。

また、このほかに価格についての検討も大切です。

負担に感じない使い続けられる価格

いくら良い石鹸でも、無理のない価格でなければ使い続けることは難しいですね。

MIYABI

このようなわけで、以上の5つのポイントを重視すると、十分な臭い解消効果が期待できますよ。

市販の石鹸でもOK?

デリケートゾーン用の石鹸を購入する場合には、まずは市販の石鹸から試してみることも一つの方法です。

ただ、市販の石鹸には 3つの心配な点があります。

・デリケートゾーン専用の石鹸の種類が少ない、またはお店に置かれていない

・洗浄成分が強すぎることもある

・保湿効果が期待しにくいこともある

そのため可能であれば通販サイトから、低刺激での洗浄ができて保湿効果の高い石鹸を選ぶことをオススメします。

とは言え、「今すぐお店で購入して試してみたい」という方も少なくないと思います。

このような場合には、洗浄成分や保湿成分をしっかりと確認したうえで、弱酸性の泡タイプのものを選ぶと効果的ですよ。

おすすめの石鹸「クリアネオパール」


出典:https://www.amazon.co.jp/

臭いを解消するためのデリケートゾーン用石鹸としては、クリアネオパールという石鹸がオススメです。

低刺激性処方の優しい洗浄成分のため、デーデルライン桿菌を洗い流す心配もほとんどありません。

また、植物性保湿成分や高濃度の保湿成分が配合され、濃密な泡でしっとりとした洗い上げます。

そのため極上な贅沢気分が味わえます。

ただ、洗浄効果には個人差がありますので、洗浄力が弱いという口コミも少なくありません。

とは言え、オーガニック成分や美肌サポート成分も配合されていますので「女子力をアップさせながら、気になる臭いにも効果的!」と大評判の石鹸です。

正しい洗い方

デリケートゾーン用の石鹸には、ほとんどが低刺激で皮膚に優しい成分を使われています。

そのため臭い解消にはとても効果的です。

そんな効果的な石鹸は、次のような流れで洗うとり高い臭いの解消効果が期待できます。

① アンダーヘアに付いている排泄物や、分泌物などをキレイに洗い流す

② 石鹸をしっかりと泡立てる

③ デリケートゾーンに立てた泡を乗せる

④ 38度前後のぬるま湯を手ですくって泡を洗い流す

⑤ 指の腹を使ってデリケートゾーンを丁寧に洗う(肛門部分も忘れずに)

⑥ すすぎ残しが無いようにしっかりと泡を洗い流す

参考にしてくださいね。

デリケートゾーン用クリームで臭い解消

デリケートゾーンの臭い解消には、デリケートゾーン用のクリームを使うこともオススメです。

自分にくさい臭いが発生していると思えば、気になって仕方がないのは当然のこと。

とは言え、気になる度にデリケートゾーンを石鹸で洗うということもできませんよね。

そのようなときに、臭いの解消が期待できるクリームがあると安心です。

MIYABI

外出先でのケアが必要なときや、こまめにケアをしたいという方にはピッタリの方法ではないでしょうか。

クリームの選び方

デリケートゾーン専用のクリームの選び方では、次のポイントに注意しましょう。

消臭効果が期待できる成分が配合されている

医薬部外品に指定されている

皮膚に優しい低刺激成分の使用

無添加

デリケートゾーン専用のクリームには様々な種類が販売されていますが、その中には残念ながら消臭成分が弱いタイプもあります。

そのためこれから使おうとするクリームには、消臭効果が期待できる成分がしっかり配合されているかということを確認することが大切です。

その確認の目安には、効果が期待できると認められている医薬部外品に指定されているものを選ぶと安心です。

また、クリームタイプは皮膚に直接塗りますので、低刺激成分や無添加タイプを選ぶことが大切です。

敏感肌の方は、パッチテストをすることも一つの方法ですね。

市販のクリームでもOK?

デリケートゾーン用のクリームを購入する場合には、可能であれば通販サイトからの購入をオススメします。

それは市販のデリケートゾーン用のクリームには、臭い解消効果が期待できるタイプが無いからです。

例えば仮にデリケートゾーン専用のクリームがあったとしても、これは黒ずみ解消に効果的という結果がほとんどです。

そのため確実に臭い解消を期待するのであれば、通販サイトからの購入を検討しましょう。

おすすめのクリーム「クリアネオ」


出典:https://apply-monde.jp/

臭いを解消するためのデリケートゾーン用クリームには、クリアネオというクリームがオススメです。

なぜならこのクリームには、菌の繁殖抑制効果と発汗抑制・収れん効果が期待できる成分がしっかり配合されているからです。

そのため「臭いの解消にも効果的な上、汗を抑える効果も実感できて嬉しい!」というリピーターが多いようです。

MIYABI

また、無添加無香料のため、皮膚への刺激や臭いが混ざることなどへの不安がほとんどありません。

しかも医薬部外品指定。

いざというときにも安心して手軽につけられるクリームだ、と言えそうです。

まとめ

以上、デリケートゾーンのくさい臭いの原因と対策をご紹介しました。

デリケートゾーンにくさい臭いが発生していると、いつもキレイでいたい女性としては大きな悩みを抱えることになりますね。

しかし、いつまでもくさい臭いに悩み続けるよりも、今のこの臭いを解消することが大切ですよね。

MIYABI

自分のためにもパートナーのためにも、石鹸やクリームを利用したり、その他に紹介した対策を参考に、自分なりの臭い解消方法を見つけてみましょう。

何らかの対策がきっと見つかると思いますよ。

【人に言えない悩み解決法6選】