見た目は太っていないのに体脂肪率が高い…

仮1

そんな人は内臓脂肪が溜まっている「隠れ肥満」体型なのかもしれません。

内臓脂肪型の肥満の人は、皮下脂肪型の肥満の人よりも生活習慣病にかかるリスクが大きいとされています。

先生3

ダイエットで少しでも早く内臓脂肪を落としましょう!

ここでは、内臓脂肪のリスクや皮下脂肪との違いについて解説します。

その上で、内臓脂肪を落とすのに効果的なダイエット方法を食事や運動、生活習慣から5つ紹介します。

>>「内臓脂肪ダイエットのやり方」を今すぐに読む

【関連記事】
>>カプサイシンにダイエット効果はあるの?唐辛子で脂肪燃焼はホント?

>>皮下脂肪は有酸素運動で落とす!効果的な有酸素運動8選




【人気体験談記事2本】




内臓脂肪型の肥満はリスク大

内臓脂肪型の肥満は、3つの理由からリスクが大きいとされています。

・内臓脂肪の肥満は自覚するのが難しい

・一時的なダイエットでは簡単に減らせない

・皮下脂肪よりも生活習慣病のリスクが高い

皮下脂肪が溜まったときは体を触ったらプヨプヨするのですぐに分かります。

先生3

しかし、内臓脂肪が溜まっても簡単に気付くことはできません。

また、内臓脂肪は断食や置き換えといった一時的なダイエットで簡単に減らすことができません。

>>断食道場でガチで痩せる!1ヶ月間で5kg減量もOK

仮1

根本的な生活の見直しが必要です。

そして、内臓脂肪型の肥満は皮下脂肪型の肥満と比べて生活習慣病にかかるリスクが高いと厚生労働省でも認められています。

そのため、気付かないうちに重い病気にかかっているおそれがあるのです。

内臓脂肪とメタボと生活習慣病の関係とは

内臓脂肪が多いと生活習慣病のリスクが大きくなる理由は、サイトカインという物質にあります。

内臓脂肪の蓄積によってこの物質が異常に増えると、血液がドロドロになったり、血糖値が上昇してしまいます。

その結果、こういった生活習慣病にかかってしまうのです。

・糖尿病

・動脈硬化

・高コレステロール血症

・高血圧

生活習慣病はどれもほかの病気を併発するおそれがあるため、早めの予防が欠かせません。

そこで重要になるのが、メタボ(メタボリックシンドローム)の診断です。

メタボかどうかは、ウエスト周りのサイズと血圧、血糖、血清脂質の数値で診断することができます。

仮1

病院の健康診断で確かめてみましょう。

>>メタボの人はダイエットのために病院(肥満外来)で痩せる!

内臓脂肪と皮下脂肪の違いを知る

内臓脂肪と皮下脂肪にはどんな違いがあるのでしょうか?


出典:https://komachi-diet.com/book/naizo-hika-shibou/

内臓脂肪は、腸を包む薄い膜を中心にお腹に溜まる脂肪を指します。

先生3

男性の方が溜め込みやすいのが特徴です。

皮下脂肪は、その名の通り皮膚の下に溜まる脂肪を指します。

下半身に付きやすく、男性よりも女性の方が溜め込みやすい傾向です。

内臓脂肪による肥満はリスクが大きいものの、皮下脂肪より落としやすいとされています。

仮1

これは不幸中の幸いですね。

生活習慣病にかかる前に、ダイエットで内臓脂肪を早めに落としましょう。

内臓脂肪ダイエットのやり方

比較的落としやすいとされる内臓脂肪。

早めにダイエットするほど、スムーズに落とせることが期待できます。

では、具体的にどうすればいいのでしょうか?

効果的なダイエットのやり方を5つ紹介します。

食生活の改善をする

内臓脂肪が多い人の食生活は、こんな傾向にあります。

・外食やコンビニ食で済ませることが多い

・脂質や糖質が多い欧米食や中華を食べることが多い

・間食をよく食べる

思い当たる人はなるべく自炊を心がけ、メニューは和食を中心にそろえるようにしましょう。

間食もできるだけ控えてください。

和食を食べるとき、積極的に取り入れたい食材が「海藻」です。

海藻に含まれるフコイダンというぬめり成分には、脂質の吸収や血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

>>フコキサンチンでダイエットする!人気のアカモクで脂肪燃焼促進?

先生3

飲み物では「緑茶」がおすすめです。

緑茶に含まれるカテキンという苦み成分には、脂肪を燃焼を助ける効果が期待できます。

>>トクホ(特定保健用食品)の痩せるお茶【8選】

>>本当に痩せるお茶8選!お茶飲んでダイエットに成功する

1日20分間以上の有酸素運動

有酸素運動には脂肪を燃焼する働きがあります。

ダイエットを成功させるためには、積極的に行いましょう。

理想は1日20分以上です。

そうは言っても、忙しい人の中には20分もまとまった時間を作れないという人もいることでしょう。

しかしご安心ください。

有酸素運動は分割して行っても効果が期待できます。

先生3

例えば、10分の有酸素運動を2回行うという方法でも構いません。

有酸素運動には以下のようなものがあります。

いずれも負荷が軽いので、運動が苦手な人でも続けやすいでしょう。

ウォーキング

・ヨガ

・踏み台昇降

・サイクリング、エアロバイク

水泳、水中ウォーキング

最も身近な方法は、通勤や外出の時間を使ったウォーキングです。

エスカレーターではなく階段を使うなど、いつもより少し多めに歩くよう意識してみましょう。

腰や膝が弱い人には水中ウォーキングがおすすめです。

水圧がかかることで腰や膝への負荷が軽くなります。

禁煙は必須

一見、ダイエットと関係なさそうなタバコですが、実は内臓脂肪の蓄積と深い関係があります。

タバコを吸うと、女性ホルモンの働きが衰え、男性ホルモンの影響力が強くなります。

こうしたホルモンの異常が内臓脂肪増やす原因になるのです。

女性も喫煙で男性ホルモンの影響力が強くなることがあるので注意しましょう。

また、喫煙には血中脂肪の増加や動脈硬化のリスクを高めるといったデメリットもあります。

こうしたことから、内臓脂肪ダイエットには禁煙が必須です。

飲酒は適度に

1日の終わりにアルコールを飲むのが楽しみ、という人は多いことでしょう。

しかし、内臓脂肪ダイエットを成功させるためには、飲み過ぎは厳禁です。

アルコールの過剰摂取は、コルチゾールというホルモンを過剰に分泌する原因となります。

このホルモンには脂肪を溜め込むという性質があり、特に内臓脂肪の蓄積につながりやすいのです。

そのため、アルコールを飲む場合も適量を心がけましょう。

また、飲酒中は食欲が増して脂っこいおつまみをたくさん食べてしまうことが多いので注意してください。

>>ワインで太らない飲み方5選!ワインで太る原因は?

>>ストロングゼロは太る?ダイエット中はNG?ストロングゼロのメリットデメリット

ストレスはNG

コルチゾールの分泌量を増やすのは飲酒だけではありません。

先生3

コルチゾールは、ストレスを感じたときにも過剰に分泌される可能性があります。

なぜならコルチゾールは本来、体をストレスから守るために分泌されるホルモンだからです。

コルチゾールは、身体的なストレスにも精神的なストレスにも敏感に反応します

そのため、できるだけストレスがかからないライフスタイルを目指すことが大切です。

1日に少しの時間で構わないので、リラックスしたり趣味に没頭したりと、自分が心から安らげる時間を作るように心がけましょう。

家族や友人とのコミュニケーションを深めることや、ペットを飼い始めるといったことも効果的です。




最近のダイエットサプリは脂肪燃焼系やカロリーカット系のサプリなどが人気ありますよね。

しかし未だにダイエットサプリの定番として人気がありますのは酵素サプリなんですよね。それも「生酵素」ね!
(酵素ドリンクも人気はあります。しかし「生酵素」ではありませんし、味や臭いを嫌がる人は多いです汗)

デブイヤ編集部が生酵素をおススメする理由はダイエットだけではなくて美肌や健康、便秘などもサポートをしてくれるからなんです。

30代以降になると酵素は激減しますのでサプリにより体の外から補うことも大事だと思われます。


出典:http://kouzikouso.web.fc2.com/

痩せることだけを目的としたカロリーカットや脂肪燃焼サプリよりダイエット以外の美容や健康もサポートしてくれる生酵素サプリに興味のある人はこの記事(↓)読んでね!

>>生酵素サプリでダイエット!おすすめサプリ10選の効果や口コミは?

【関連記事】
>>脂肪燃焼サプリの口コミ多数!おススメのダイエットサプリ6選

内臓脂肪にラクトフェリン!

紹介したダイエットに加え、取り入れると効果的なのがラクトフェリンを含む食品です。

ラクトフェリンは近年注目されている、多機能なタンパク質。

とりわけ内臓脂肪を減らすことで知られており、世界で初めてその効果が実証された成分となります。

ラクトフェリンは生乳に0.03%ほどしか含まれていません。

しかも、加熱処理された市販の牛乳では摂取が難しくなります。

先生3

そのため、ラクトフェリンは機能性表示食品で摂るのがおすすめです。

機能性表示食品とは、消費者庁によって科学的根拠が認められている食品を指します。

そのため、安心して毎日摂取することができますよ。

まとめ

見た目は標準体型なのに体脂肪率が高い人やお腹周りの脂肪が気になる人は、内臓脂肪が溜まっている可能性があります。

食生活が乱れていないか…

運動不足ではないか…

など、改めて自分の生活を振り返ってみましょう。

そして、おすすめのダイエット方法を実践してみてください。

さらに世界的に効果を認められたラクトフェリンも取り入れると、よりスムーズに内臓脂肪を落とすことができます。

20~30年後も健康に過ごすために、生活習慣病のリスクとなる内臓脂肪は早めに落としておきましょう。




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?