【ライター:折山ヒロ】

「昔のクラスのアイドル的存在が、同窓会でドーンと立派な体型に変身しているCM」

見たことがある方も多いのではないでしょうか。

年齢を重ねると脂肪が中々落ちづらくなり、学生時代の体型とは脂肪の付き方が変わってきたと感じませんか?

私もどうしてもウエストやお腹あたりなどが昔の様にはすっきりとせず、特に薄着になるこれからの季節気になります。

年齢とともに落ちてくる代謝。

折山ヒロ

でも変わらない食欲…(笑)。

大掛かりなダイエットとまでは行かなくても、食べた分の脂質をカットしてくれるサプリメントがあればお手軽でうれしいですよね!

今回は脂質をカットしてくれるサプリメントには、どんな成分や種類があるのか調査してみました。

【関連記事】
>>ダイエット中に焼肉を食べていいの?部位ごとのカロリーは?

>>春雨ダイエットで痩せれるの?春雨は高カロリー、高糖質?




【人気体験談記事2本】




脂質を減らすメリット

脂肪として蓄積される栄養素は、脂質、糖質、たんぱく質の3つです。

中でも脂質のカロリーは糖質とたんぱく質が1gあたり4kcalなのに対し、9kcalと倍以上のカロリーとなっています。

このことからも脂質をカットすることによって効率的に痩せられることがわかりますね。

最近では油脂の少ない和食から、油脂の多い欧米化した食生活へと変化してきているので、脂質をカットすることは理にかなった方法だと言えます。

ダイエット中の適性な脂質の量は?

厚生労働省は成人の1日分の脂質摂取量を1日の総摂取カロリーのうち20~30%を推奨しています。

先生3

ダイエット中は20%程を摂取するのがよいでしょう。

脂質カットに効果のあるダイエット成分

では、どのような種類の成分が脂質カットに有効なのか見ていきましょう。

キトサン(リポサンウルトラ)

キトサンとはエビやカニなどの甲殻類の殻や甲羅から抽出した「キチン」という成分を、煮沸処理するなどして製造しています。

キトサンは様々な分野で活用されており、火傷などの治療用の保護剤、人工皮膚、繊維に織り込んで抗菌性を利用するなど使用方法が多岐にわたっています。

その中でもコレステロールが高めの方に適した食品として、特定保健用食品(トクホ)に認められている物があります。

>>トクホ(特定保健用食品)の痩せるお茶【8選】

キトサンは胆汁酸を体外に排出させるのですが、この胆汁酸を作るためにコレステロールを必要とするので、排出された分、新たに胆汁酸を作るために新しいコレステロールを消費します。

先生3

結果としてコレステロール値が下がるのです。

また脂肪や有害物質なども吸着して体外に排出してくれるので、デトックス効果も期待できます。

これらの効能を利用してダイエット食品として配合されているのです。

キトサンの中でもアメリカで特許を取っている「リポサンウルトラ」という成分は、キトサンの約3~5倍もの吸着力があり、注目されている成分です。

従来のキトサンよりも溶解速度が速く、早い段階から脂肪の吸着が始まるので脂肪の取り込みを防いでくれるのです。

体内でゲル化し、脂肪を体外に排出してくれます。

キトサンやリポサンウルトラは甲殻類を利用した成分ですので、エビやカニなどにアレルギーを持っている甲殻アレルギーの人は、念のため摂取には気を付けた方がいいでしょう。

烏龍茶ポリフェノール

折山ヒロ

脂っこい食事の時に飲みたくなるさっぱりした烏龍茶。

元々緑茶や紅茶と同じ茶葉から作られています。

発酵の度合いで違うお茶になるのですが、烏龍茶は半発酵と言って半分程度の発酵に調整されています。

ちなみに緑茶は発酵はせず、紅茶は完全に発酵した物となります。

この半発酵される過程で独特の烏龍茶ポリフェノールが生成されます。

烏龍茶ポリフェノールはお茶に含まれているカテキン(ポリフェノールの1種)が結合し大きくなることで生成され、中性脂肪の燃焼を促してくれる効果があります。

カテキンが結合することによって燃焼効果も増すと言われています。

烏龍茶重合ポリフェノールがたっぷりで、痩せる効果が期待できる黒烏龍茶ですが、効果的に飲むためにはどうすればいいのでしょう。

黒烏龍茶を効果的に飲む方法は、「食事と一緒に飲むこと」です。

黒烏龍茶は、腸管での脂肪の吸収を阻害し、摂取した脂肪を排出することにより、ダイエット効果が期待できるため、食事と一緒に摂るのがベスト。

量は一回の食事で350mlで、血中中性脂肪の上昇を抑えることができると言われています。

黒烏龍茶は、ダイエット効果が期待できるだけでなく、料理との相性もいいため、無理なくダイエットに取り組むことができます。

>>黒烏龍茶の効果は?飲めば脂肪は燃焼されて脂肪は付きにくくなる?

難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは熟した果実などに含まれている水溶性食物繊維の1種で、とうもろこしのデンプンから作られている物が流通しています。

ほとんど消化されないのですが、様々な効能が分かってきています。

先生3

まず食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

難消化性デキストリンは体内に入ると粘度を高めゲル状になるので、胃腸の中をゆっくりと移動します。

そのため糖の吸収も緩やかになり、血糖の上昇を抑えることが出来ます。

血糖が急に上がってしまうと、ブドウ糖をエネルギーの消費として使うことが追いつかなくなり、余ってしまったブドウ糖は中性脂肪へと変化し体内に蓄えられます。

血糖の上昇を緩やかにすることによって、脂肪の蓄積を防げるのです。

また体内に入るとふくらんで満腹感を促し、食べた食物がゆっくりと移動するので空腹感を紛らわせてくれるので肥満防止になります。

コレステロールの排出も促し、便のかさも増して便秘も改善します。

>>便秘に悩んでいる人!便秘を改善する方法9選

ターミナリアベリリカ

ターミナリアベリリカとは、東南アジアなどに広く分布している広葉樹であるターミナリアベリリカの果実から抽出した成分です。

ポリフェノールをたくさん含み、インドに古くから伝わるアーユルヴェーダにも取り入れられています。

食後の血糖値上昇を抑制してくれるので、脂肪として蓄積されてしまう糖質を減らすことが出来ます。

また食後の血中中性脂肪濃度上昇の抑制も確認されています。

人気の脂質カット食品

ここで、今人気の脂質をカットしてくれる商品をご紹介します。

カロリナ酵素プラス

リポサンウルトラ、ガーシトリン、レプチコアの3種類の特許成分を高配合したカロリナ酵素プラス

この特許を取った成分の内容を見てみましょう。

・リポサンウルトラ…先程ご紹介した成分です。キトサンの3~5倍の脂肪排出効果を持っています。
・ガーシトリン…香辛料の1種であるガルシニアカンボジアから抽出され成分です。ガーシトリンは身体の活性化を促進します。
・レプチコア…天然の藻から抽出した藍藻抽出物などの様々な成分を組み合わせた物で、なんと恋愛ホルモンと呼ばれるPEA(フェニルエチルアミン)を含有しています。体重や体脂肪率の低下、セロトニンレベルを上げる効能があるようです。

カロリナ酵素プラスは、これらの特許成分をメーカーが推奨している配合量分を含有しています。

口コミ

「便秘が改善されてお腹がスッキリした」

「食べても体重をキープできている」

「空腹を感じにくくなった」

など、効果を実感しているクチコミが多かったです。

反対に便通が良くなりすぎてお腹をこわしてしまったというものもあり、自分に合った量を見つけると良さそうです。

公式サイト:カロリナ酵素プラス

ダイエットティー「するっ茶」

鈴木亜美さんがオススメしているするっ茶。

お茶と言うことですが、茶葉の状態ではなく粉末をとかして飲むタイプです。

こちらのお茶は杜仲茶や烏龍茶をベースに難消化性デキストリン、こんにゃく芋から作られるグルコマンナン、ショウガなどを配合しています。

主な成分の内容を見て見ましょう。

・杜仲茶…ゲニポシド酸という成分が脂肪の分解を促進します。また肝機能を向上させ、脂肪の吸収を抑えます

>>杜仲茶には痩せる効果はあるのは本当?杜仲茶でダイエットする

・烏龍茶…烏龍茶ポリフェノールが中性脂肪の燃焼を促進します
・難消化性デキストリン…血糖値の上昇を緩やかにし、満腹感を促し空腹感を紛らわせます。脂肪やコレステロールなどの吸収を抑えてくれ、また便通も良くしてくれます。
・グルコマンナン…胃の中で水を含むと何十倍にも膨らむので、満腹感を促進します。血糖値や血中コレステロールの上昇も抑えます。
・ショウガ…漢方としても使われるショウガ。身体を温めるので代謝が良くなります。

口コミ

「お通じが良くなった」

「粉タイプだから簡単に飲めるので続けやすい」

「特に食事制限などもしてないのに体重が減った」

など効果があったとする意見が多い一方、

「便秘が良くなるまでに時間がかかった」

「粉が溶けにくく、味がお茶をブレンドした独特な味」

など、適するかどうか個人差のあることがうかがえる意見もありました。

>>本当に痩せるお茶はあるの?ダイエットに人気のお茶10選

美味ゼリー「ベジファス」

スティックタイプのゼリーで、シークワーサーとレモン風味のベジファス

食事の一番最初に野菜を食べる「ベジタブルファースト」と言う言葉をお聞きになったことがある方も多いのではないでしょうか。

野菜を先に食べることによって血糖値の上昇や食べ過ぎを防ぐというベジタブルファースト。

この概念をスティックゼリーで補うという発想のダイエット食品です。

難消化性デキストリンを配合しており、血糖値上昇の抑制、満腹感の促進、腸内環境の改善が期待できます。

また80種類の植物発酵エキスも配合されています。

口コミ

「味がおいしいので続けやすい」

「野菜が苦手でベジタブルファーストが出来なかったけれど、これなら習慣に出来る」

「お通じが良くなりスッキリした」

など、おいしくて食べやすいので続けられるという意見が多くありました。

公式サイト:ベジファス

イージータブレット ターミナリア

先程ご紹介したターミナリアベリリカを配合したターミナリア

脂肪の吸収や食後の中性脂肪を抑えてくれます。

この他にも各種ビタミンや葉酸を配合しています。

口コミ

「継続していると体重が減り、スッキリするのが分かる」

「タブレットが小粒で食前に飲むだけなので続けやすい」

「原料が植物由来で安心できる」

などの意見が目立ちました。

マイナスなクチコミを見ると、

「食前に飲むのを忘れてしまう」

「値段が高い」

などの意見が見られました。

公式サイト:ターミナリア

きなり

DHAとEPAが配合されていて、更にナットウキナーゼも入っています。

クリルオイルというアスタキサンチンを含むオイルを使うことによって、酸化しやすいDHAやEPAを新鮮な状態にキープできます。

効能を見てみると、

・DHA…ドコサヘキサエン酸の略で、青魚などに含まれる不飽和脂肪酸です。中性脂肪を減らし、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させます。
・EPA…DHAと似た効能を持ちますが、その他にも摂取すると食欲を抑えるホルモンが分泌されます。
・ナットウキナーゼ…血液をサラサラにし、代謝を促します。

口コミ

「魚を余り食べないので、手軽にDHAとEPAがとれてうれしい」

「中性脂肪やコレステロール値が下がった」

などの不飽和脂肪酸を摂取することのメリットが多く寄せられていました。

一方では、

「価格が高めで続けるか迷っている」

「あまり効果が感じられない」

といったクチコミも見られました。

カロリストン

カロリストンは、ガゴメ昆布の食物繊維、生コーヒー豆、黒豆、Lカルニチンが配合されています。

成分の効能は、

・生コーヒー豆…焙煎する前のコーヒーのことをグリーンコーヒーと呼び、アメリカでは人気のダイエット成分となっています。クロロゲン酸やカテキンなどを含み、血糖値上昇を抑制します。クロロゲン酸は熱に弱いため、焙煎した物よりも生のままの物を摂った方が効果的です。
・黒豆…最近安田大サーカスのHIROさんが黒豆を食べてダイエットに成功したとして話題になりました。黒豆に含まれるサポニンという成分が脂肪を付きにくくしてくれます。また、黒豆に含まれる食物繊維にはオリゴ糖が含まれていて、腸内環境を整えてくれます。
・Lカルニチン…脂肪を燃焼させる場所まで運ぶ役割をします。摂取 することによって効率的に脂肪を燃焼させることが出来ます。

口コミ

「継続していたら大幅に体重を落とすことが出来た」

「お通じが良くなった」

「食べても体重が増えなくなった」

などのクチコミが多く、

「逆に便秘がちになってしまった」

「全く効かない」

といったクチコミも見られました。

公式サイト:カロリストン




最近のダイエットサプリは脂肪燃焼系やカロリーカット系のサプリなどが人気ありますよね。

しかし未だにダイエットサプリの定番として人気がありますのは酵素サプリなんですよね。それも「生酵素」ね!
(酵素ドリンクも人気はあります。しかし「生酵素」ではありませんし、味や臭いを嫌がる人は多いです汗)

デブイヤ編集部が生酵素をおススメする理由はダイエットだけではなくて美肌や健康、便秘などもサポートをしてくれるからなんです。

30代以降になると酵素は激減しますのでサプリにより体の外から補うことも大事だと思われます。


出典:http://kouzikouso.web.fc2.com/

痩せることだけを目的としたカロリーカットや脂肪燃焼サプリよりダイエット以外の美容や健康もサポートしてくれる生酵素サプリに興味のある人はこの記事(↓)読んでね!

>>生酵素サプリでダイエット!おすすめサプリ10選の効果や口コミは?

【関連記事】
>>脂肪燃焼サプリの口コミ多数!おススメのダイエットサプリ6選

脂質カットによるデメリットとは?

脂質をカットしてくれればすんなりとカロリーをセーブできそうですが、悪者に見られがちな脂質は、私たちの身体になくてはならない大切な栄養素でもあるんです。

脂質はホルモンや神経組織などを作るのに必要な成分です。

また、ビタミンの中でも脂溶性のビタミンは油脂に溶けて吸収されます。

皮膚や粘膜の新陳代謝を促進し免疫を向上させるビタミンA、血流を活発にし老化を防ぐビタミンE、その他にもビタミンDやビタミンKなどが脂溶性ビタミンです。

脂質が全てカットされてしまうとこれらの脂溶性ビタミンが吸収されず、健康に害を及ぼす危険があります。

しかし脂質カットサプリメントを摂取したからといって、100%の脂質をカット出来るわけではないので、用量を守って正しく服用すれば心配ないとされています。

先生3

きちんと用量を守って服用することが大切です。

付いてる脂肪はサプリだけで落とすのは無理!

ご紹介したサプリメントは、食事の際に摂取した脂質を体内に吸収されるのを防いで排出を促してくれる物がほとんどです。

すでに蓄積してしまった脂肪を燃焼させる効果は…残念ながらあまりないと言っていいでしょう。

付いてしまっている脂肪を落とすためには、やはり運動を取り入れるのが効果的です。

脂質カットのサプリメントで体内に入ってくる脂質を減らしつつ、運動で脂肪燃焼を目指せば効率的に脂肪を落とすことが出来ます。

>>皮下脂肪は有酸素運動で落とす!効果的な有酸素運動8選

まとめ

食べてしまった脂肪分を排出してくれる脂質カット食品。

様々な成分があるので、自分に合った物を探してみてください。

これから薄着になる季節に向かって、上手く取り入れてスリム体型を目指しましょう!




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?