【ライター:あぷ子】

皆さん、EMSマシンって使ったことありますか?

ダイエット器具の通販番組などで筋肉が動いてる映像をよく流していますが、本当に痩せるのかが気になりますね。

ダイエット仲間である友達がEMSマシンを買ったと聞いて、私も興味が湧いたんです。

でも数カ月後その友達に会った時、あまり痩せたように見えなかったんですよね。

あぷ子

「EMS使ってないの?」

って聞いてみたら…

BAD1

使ってるんだけどあんまり効果がなくって…

と残念そうな返事でした。

あぷ子

えー、EMSって効果ないの?と疑問に思った私はEMSのことを調べてみました!

結果、EMSは手軽ですが使い方を間違えると痩せにくいということがわかってきました。

EMSダイエットで失敗しやすい点、EMSの特性、正しい商品の選び方などEMSダイエットを成功させるコツをご紹介いたします!

【関連記事】
>>ベーグルで置き換えダイエット!低カロリーのベーグルで痩せる?

>>痩せたい中学生や高校生!成長期のダイエット方法は?




【人気体験談記事2本】




EMSを知ってますか

知らない人もいると思いますので、まずはEMSとは何かというところから解説します。

EMSとは「Electrical Muscle Stimulation」の略です。

本来筋肉は脳から送られる信号によって動くものですが、機械による電気刺激を身体の外から送ることで、意識せずとも筋肉のみを動かせるというシステムです。

先生1

もともとは病気やケガで身体を動かせなくなった人のリハビリや筋力低下防止のために開発されました。

効率良く筋肉を鍛えられると注目を浴び、アスリートの筋トレやエステの痩身メニューに取り入れられて広く知られるようになりました。

現在では家庭用にも様々な商品が発売されています。

貼り付けるタイプやベルトを巻くタイプなど商品ごとに形状の違いはありますが…

あぷ子

基本的には「スイッチを入れるだけで勝手に筋肉が動き、運動をしなくても筋トレができる」というものです。

EMSダイエットで失敗した人の原因を探る

口コミなどを調べてみると、私の友達のようにEMSでのダイエットに失敗したという人が結構いるようです。

しかし、逆に成功したという人もたくさんいるんですよね。

もちろん「飽きて続かなかった」というのは論外ですが、ちゃんと使い続けた人でも失敗と成功に分かれてしまっているのは何が原因なのでしょうか?

EMSの仕組みとダイエットの関係、そして実際に使った人達の話を総合して、原因を探してみました。

本当に正しくEMSダイエットをやりましたか

結論としては、失敗した人はEMSを正しくダイエットに活用できていなかったということです!

いったいどんな失敗要素があったのか、代表的なものを解説します。

EMSに任せきり

EMSダイエットに失敗した人で特に多かったのは…

あぷ子

EMSに任せきりで他は何もしなかったという人達でした。

EMSは筋肉を鍛える道具であって、脂肪を直接燃焼する効果はほとんど無いんだそうです

あぷ子

これは私にとってもショックでした!

脂肪を落としたければEMSによる筋トレだけではなく、脂肪を燃やす有酸素運動などにも取り組む必要があるんです。

結局運動はしなきゃいけないんですね…。

>>皮下脂肪は有酸素運動で落とす!効果的な有酸素運動8選

太ってしまった原因を放置

よほど特殊な体質でない限り、太ってしまうことには原因があります

先生1

原因をそのまま放置していれば、痩せなくても不思議ではありません。

特に食生活は重要です。

ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことですから、もとが暴食であれば多少カロリー消費が増えたくらいで痩せるはずないのです。

その他、姿勢や骨格の歪みがもとで部分的に付いてしまった脂肪なども、原因を解消しないとリバウンドしてしまうでしょう。

>>ダイエットでリバウンドを繰り返す人の原因8選

周波数が合っていない

EMSの電気刺激には周波数があり、高周波であるほど深い部分の筋肉まで届きます

あぷ子

安い価格帯には低周波のEMSが多く、皮膚の表面にしか影響しないものもあるようです。

特にお腹にEMSを当ててインナーマッスル(体幹)を鍛えたいのであれば、高い周波数のEMSを選ぶ必要があります。

EMSのダイエット効果3選

EMSがダイエットマシンではなく筋トレマシンであることは先ほど解説いたしました。

では全くダイエット効果がないのかというと、そんなことはありませんのでご安心を!

EMSで得られる主なダイエット効果は以下の3点です。

基礎代謝アップ

人間の消費カロリーの7割を占めると言われているのが基礎代謝です。

基礎代謝とは、何もしなくても生命維持のために勝手に消費されるエネルギーのこと。

筋肉は維持するだけでたくさんのエネルギーを消費します。

先生1

つまりEMSにより身体の筋肉量を増やすと基礎代謝アップに繋がり、痩せやすく太りにくい身体へと変えていけるんです!

皮下脂肪の燃焼

もう一つは皮下脂肪の燃焼です。

あれ?さっきEMSで脂肪は燃えないって言ってたのに、と思ったかもしれません。

EMSに直接脂肪を燃焼する効果はありませんが、EMSによって筋力が付いた身体は以前よりも脂肪が燃えやすくなっています

それにより有酸素運動時の脂肪燃焼効果が高まるというのが、EMSのダイエット効果のひとつなのです。

運動せずにカロリー消費

ここまでの2つは通常の筋トレでも得られる効果ですが、最後はEMSならではといえます。

先生1

それは運動をせずに筋トレができ、他のことをしながらでもカロリーが消費できるということです。

EMSは装着してスイッチさえ押せば筋肉が勝手に動きます。

その間はテレビを見ていても、本を読んでいても勝手に筋トレをしてくれて、筋肉を動かした分のカロリーを消費してくれます。

もちろんそれだけで痩せるほどの大きな消費カロリーではありませんが、本来は座っているだけだった時間に少しずつでもカロリー消費を増やせるということはとても魅力的です!




最近のダイエットサプリは脂肪燃焼系やカロリーカット系のサプリなどが人気ありますよね。

しかし未だにダイエットサプリの定番として人気がありますのは酵素サプリなんですよね。それも「生酵素」ね!
(酵素ドリンクも人気はあります。しかし「生酵素」ではありませんし、味や臭いを嫌がる人は多いです汗)

デブイヤ編集部が生酵素をおススメする理由はダイエットだけではなくて美肌や健康、便秘などもサポートをしてくれるからなんです。

30代以降になると酵素は激減しますのでサプリにより体の外から補うことも大事だと思われます。


出典:http://kouzikouso.web.fc2.com/

痩せることだけを目的としたカロリーカットや脂肪燃焼サプリよりダイエット以外の美容や健康もサポートしてくれる生酵素サプリに興味のある人はこの記事(↓)読んでね!

>>生酵素サプリでダイエット!おすすめサプリ10選の効果や口コミは?

【関連記事】
>>脂肪燃焼サプリの口コミ多数!おススメのダイエットサプリ6選

変なEMSを購入した人の正しい商品の選び方

「私の買ったEMS、あまり効果がない気がする…」

あぷ子

私の友達のように、そう思う人はたくさんいるのかもしれません。

私も今回調べてみるまで、EMSにこんなに種類や効果の違いがあるとは知りませんでした。

そこで私自身の商品選びも兼ねて、評判のよいEMSと選び方のポイントをご紹介いたします!

初めて買う人も自分に合ったものへ買い直したい人も、参考になるはずです!

ボディケアマシーン ボニック

ボニック」はコンパクトな本体を手で持ちながら身体に当てていくタイプの全身用EMSです。

超音波マッサージとEMSによる電気刺激を使い分けできます。

肌の保護のため、専用のジェルが必要です。

良い点は、防水なので丸洗いできお風呂でも使えるということ。

ただ湯船の中では効果が半減するそうなので、お風呂で使用のメリットは身体が温まった状態で使用できることや、ジェルをすぐに洗い流せることくらいかもしれません。

悪い点は専用ジェルが高いことと、使用時に片手がふさがってしまうことですね。

テレビを見ながらできれば良いという人には向くかもしれませんが…

あぷ子

私は段々手が疲れて面倒になりそうな予感がします。

きちんと続ければ効果が出たという口コミも多いですし、完全防水のEMSは珍しいので、マイナスポイントが気にならない方にはおすすめかもしれません。

>>公式サイトはこちら

プラソニエ スタイルナビ インナーマッスル

比較的低価格でありながら、インナーマッスルにも作用する「干渉波」という周波数を使えるのが「スタイルナビ」。

本体から繋がる電極の付いたパッドを身体に貼り付けて使用するタイプのEMSです。

良い点はインナーマッスルにも効く点と、「ウエスト」「ヒップ」「背中」というモードがある点です。

それぞれの筋肉に合わせた刺激ということで、効きそうな気がします。

3段階のタイマー機能も便利そうで良いですね!

悪い点は4つのパッドをそれぞれ自分で貼らないといけないので、慣れないと正しい位置がよくわからない点でしょうか。

そして本体も小さいとはいえ…

あぷ子

コードが何本も繋がっているのがちょっとわずらわしそうに思います。

貼り付けタイプで手はフリーになるので、使用中でも座り作業ならできそうです。

貼り付けパッドは消耗品ですが、水洗いで多少粘着力が復活するらしいのでランニングコストはそこまで高くないでしょう。

>>公式サイトはこちら

東レインターナショナル EMSフィットネスマシーン トレリート

こちらの「トレリート」も電極貼り付けタイプ、低周波ではありますがほぼ全身対応のEMSです。

コンパクトで持ち運びも簡単な機種と、各部位専用モードやEMS運動後のクールダウンモードなどの機能が多彩な機種があります。

良い点は使える範囲が広いことでしょう。

鍛えたい部位に合わせた機種を選ぶ方が効果的ですが、EMS自体が安いものではないため一台で全身に使えるのは嬉しいですよね。

日本メーカー・国内製造というのも安心ポイントです!

悪い点は低周波であるがゆえに、インナーマッスルなどの深い筋肉には効果が期待できない点です。

あぷ子

良くも悪くも広く浅く、となってしまうのですね。

電極貼り付けタイプなのでコードのわずらわしさもあります。

手軽で全身用のEMSを探している人にはおすすめです。

付属のものとは別にサイズの大きい替えパッドが購入できるので、ヒップや腹筋などの大きい筋肉に使いたい人はそちらの方が使いやすいでしょう。

>>公式サイトはこちら

ツインビート3ターボ

業務用に搭載されることの多い中周波を使った「ツインビート3ターボ」。

EMSモードの他にリフレッシュ用のTNSモードがあり、微弱電流を流しながら付属のマイクロローラーによるフェイスケアまで可能。

良い点はやはり微弱電流モードとフェイスローラー!

あぷ子

美顔器が一緒になっているなんて嬉しいですよね。

そして中周波TNSモードにはEMS運動後の身体をリラックスさせる作用があるそうで、至れり尽くせりです。

あぷ子

悪い点は価格が10万以上と高価なことです。

機能満載ですから高いのも当たり前なのですが、簡単には手が出ません。

中周波を謳っていますがインナーマッスルに効くという記載は無いというのも、気になる点です。

電極貼り付けタイプなのでパッド交換コストとコードのわずらわしさは伴いますが、本体は片手操作ができる仕様になっていたり、充電しながらの使用が可能であったりと使い勝手は良さそうですね。

高価でも高機能を求める人におすすめです。

>>公式サイトはこちら

SIXPAD Abs Fit(シックスパッド アブズフィット)

サッカー選手のクリスチャーノ・ロナウドがプログラム監修と広告モデルをしている「SIXPAD Abs Fit」は、EMSと聞いて思い浮かべる人が多い商品かもしれません。

名前の通り6つに割れた腹筋を思わせる形もインパクトがあります。


出典:Amazon

良い点は充電式の本体と貼り付け部分が一体化していて、コードレスで使えること。

これは本当にストレスフリーで良いと思います。

あぷ子

自由に動けるので、家事をしながらだって使えそうです。

悪い点は完全に腹筋専用品だということ。

シリーズでアームベルトやレッグベルトがありますが、全部揃えたらかなりのお値段です。

唯一汎用的に使えるというボディフィットは、小さくて心もとない感じが惜しい。

EMSを使いながらでも動き回れる商品が良い人にはおすすめです。

ただし低周波なので、インナーマッスルの強化は期待できそうにありません。

>>公式サイトはこちら

EMSダイエットを成功させるコツ

「EMSの仕組みや色んな商品があることはわかったけど、結局EMSでダイエットしようと思ったら何に気を付ければ良いの?」と思った人のために、ポイントだけまとめました!

・自分の目的や使用スタイルに合ったEMSマシンを選ぶ

・EMSを使うのとは別に有酸素運動をきちんとする

・摂取カロリーが高い人や食事が偏っている人は食生活を見直す

・姿勢やバランスの美しさも意識する

EMSマシン選び以外は、普通のダイエットと変わらない気がしますよね?

実はその通りなんです。

EMSはあくまで筋肉を鍛える補助器具であって、EMSをダイエットの中心として考えないことこそが成功のコツなんです。

脂肪を燃やすためには筋肉が必要です。

しかし女性は男性と比べると体質的に筋肉が付きにくいもの。

筋肉を効率的に鍛えてくれるという一点だけだとしても…

先生1

EMSは女性にとって救世主のような機器であるといえます。

EMSを使う時の注意点は?

EMS使用に当たっては、以下の注意点を忘れないでください。

・メーカーが使用できると謳っていない限り、心臓の近く(胸、背中の上部)には使用しない

・ペースメーカーを使っている人、妊娠中の人は使用しない

・同じ部分に連日使用しない

・保護用のジェルや粘着パッド無しで使用しない

電気刺激により筋肉を動かすEMSは、心臓や子宮など本来ならば自分の意思では動かさない筋肉にまで影響を与えてしまう危険が伴います。

また筋肉は使うことにより損傷し、そこから回復する段階でより強いものになります。

損傷している状態で更にEMSを使うと回復できないまま筋肉を使うことになってしまうので、連日同じ部分に使用することは避けましょう。

そしてEMSを使う際の振動は、保護剤を間に挟まないと肌荒れや炎症のもととなります。

先生1

直接肌に当てて使うのは止めましょう。

まとめ

勝手に動く筋肉の様子が魔法のようで不思議なEMSですが、実際は機能が限定的で活用にコツがいるんですね。

私もちょっと夢を見過ぎていたと反省しつつ、パソコンに向かいながらでも筋トレができることには惹かれるので購入してみたいと思います!

仕事中にEMSでこっそり筋トレをしておいて、時間がある時にはランニングなどの有酸素運動

これでばっちり効率的なダイエットや体型維持ができるはずですね!




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?