身近な野菜であるきゅうりが、ダイエットに効果的だとご存知でしたか?

実はきゅうりダイエットで痩せたという芸能人が続出して注目されているんです。

デブ1

きゅうりを食べるだけなのに、そのダイエット効果の平均はなんと2~3ヶ月で5kg減とのこと。

きゅうりは1年を通して入手しやすい野菜ですから、気軽に挑戦できそうですね!

なぜきゅうりを食べればダイエットになるのか?
どのように食べれば効果があるのか?

きゅうりダイエットのコツをわかりやすくご紹介いたします。

食べ方を間違えてしまうと逆効果となることもありますので要注意!どうぞしっかり読んで正しく実践してみてください。

【関連記事】
>>ゆで卵のカロリーや栄養は?ゆで卵のメリットとデメリット

>>内臓脂肪型の肥満は危険!ダイエットして短期間で脂肪を落とす




【人気体験談記事2本】




ダイエットにはきゅうりが良い理由

数ある野菜の中で他でもないきゅうりがダイエットに良いと注目されている、その理由はきゅうりの成分にあります。

きゅうりが「世界一栄養のない野菜」としてギネスに認定されていることは有名ですね。

OK

きゅうりは95%以上が水分でできていて、1本14キロカロリーほどという低カロリーな食べ物です。

水分以外では食物繊維・ビタミン・ミネラルなどの成分がバランス良く含まれています。利尿作用のあるカリウムを含み、むくみの解消に効果があることもよく知られていますね。

>>食物繊維が摂れるダイエット食品!簡単に痩せるのに食物繊維は不可欠!

しかしそれだけならば、ここまで注目される理由にはなりません。

デブ1

実は近年、きゅうりには他の野菜よりもダイエットに向いている成分が発見されているのです。

ホスホリパーゼ

OK

きゅうりにはホスホリパーゼという酵素が含まれており、この酵素には脂肪を分解する効果があります。

このホスホリパーゼこそ、きゅうりがダイエット食品として注目されるようになった最大の理由です。

デブ1

ホスホリパーゼはそれまでマヨネーズやチョコレートといったそもそも脂質の高い食品からしか見つかっていなかったため、ダイエットに活用するのは難しいのが実情でした。

しかし2010年、きゅうりにホスホリパーゼが含まれていることが発見されました。

しかもきゅうりから抽出されたホスホリパーゼは、それまで発見されていた型のものよりも脂肪分解力が高いことがわかったのです。

きゅうりが「世界一栄養のない野菜」とギネス認定されたのは1987年。

長らく誤解を受けていましたが、きゅうりは唯一無二のダイエット野菜として一躍脚光を浴びました。

フィトケミカル

老廃物の排出をサポートしてデトックス効果が期待できるフィトケミカル。果物や野菜に多く含まれている物質ですが、きゅうりにもしっかり含まれています。

OK

老廃物が外に出れば血液はサラサラになり、血流が良くなるため代謝がアップすると言われています。

代謝を上げることは痩せやすい身体になるということですから、こちらの成分もダイエット効果が期待できるでしょう。

シトルリン

ウリ科の植物に多く含まれるアミノ酸の一種シトルリンには、血管を拡張し血行促進する作用があります。

フィトケミカルと同じように代謝アップ効果があるのはもちろんのこと、血管拡張作用は冷え性改善にも効果があり、冷えからくる肥満の解消に役立ちます。

ただしきゅうりそのものには身体を冷やす作用もあるため、冷え性改善に活用する場合はきゅうりを摂取するのとは別に身体を温める工夫が必要です。

より効果を求めるならすりおろしきゅうり

最も注目すべききゅうりのダイエット成分ホスホリパーゼは、きゅうりの細胞膜を破壊すると活動が活発になります。

つまりきゅうりをすりおろして食べると、よりダイエット効果が上がるということです。

すりおろす際には金属製のおろし金を使用すると、刃が鋭さでより細胞膜を壊すことができます。

デブ1

すりおろしてから時間が経つとホスホリパーゼが空気に触れて効果が下がるので、食べる直前にすりおろすのも大事なポイントです。

毎回すりおろすのが大変であったり、出先などですりおろしが難しい場合は、きゅうりをよく噛んでできるだけ細かくしてから飲み込むようにしてみてください。

ダイエットのやり方

きゅうりのダイエット成分が理解できたところで、具体的なきゅうりダイエットの方法をご説明いたします。

ありふれた野菜であるからこそ、何も考えずに食べるのと工夫して食べるのとでは効果に差が出てきてしまいます。

以下のポイントをしっかり押さえてくださいね。

1日1、2本を昼夜で食べる

まずきゅうりを食べる量です。

デブ1

1日1~2本を食べることでダイエットに効果が出る成分量となります。

普段は薄切りや細切りといった少量で料理に添えられることが多いきゅうりですから、意識しないとなかなかこの量を食べることはないかもしれません。

更に、食前にきゅうりを食べる方がよりおすすめです。

先にきゅうりを食べておくことで食物繊維が満腹感を与えてくれるので、食事を食べ過ぎてしまうことが減るでしょう。

野菜を最初に食べる方法には糖質の吸収を抑える効果もあります。

>>糖質制限ダイエットで痩せるための具体的な方法

加熱するのはNG

NG

ホスホリパーゼは熱に弱い酵素なので、加熱すると活動しなくなってしまいます。

よって、ダイエット目的できゅうりを食べる際は必ず生食にしてください。

温かい料理にきゅうりを添える場合は、調理が終わったあと食べる直前に加えるのがおすすめです。

1日1回は食べること

きゅうりダイエットは自然の成分を生かしたものなので、一度摂取しただけで劇的な効果があるような方法ではありません。きゅうりの成分は毎日継続的に摂取することで効果を発揮します。

1日1~2本というのは決して難しい量ではありませんが、やはり意識をしていなければ続けることはできないでしょう。

無理せず日課にできるのが理想ですね。

新鮮なキュウリの選び方

毎日となれば、できるだけおいしいきゅうりを食べたいものです。新鮮な方がダイエットに有効な成分も多く、シャキシャキしていておいしいですよ。

野菜ソムリエが教えてくれるおいしい新鮮なきゅうりの選び方の動画です。スーパーできゅうりを選ぶ時の参考にしましょう。

間違ったやり方は逆効果になる

きゅうりダイエットはあくまで食事の中ににきゅうりを取り入れる方法であって、決して置き換えダイエットではありません

デブ1

最初にご説明した通り、きゅうりは成分のほとんどが水で栄養の少ない食べ物です。食事の代わりとしてきゅうりしか食べない生活を続けていれば、栄養失調になってしまいます。

栄養失調による飢餓状態に陥ると碓かに体重は落ちるのですが、身体は命の危機だと認識して脂肪を溜め込もうとします。

結果としてリバウンドしてしまい、その後はなかなか脂肪が落ちない体質に変わってしまうのです。

健康を害するだけでなく、最初の目的であったダイエットにも失敗してしまいますので気を付けましょう。

>>ダイエットでリバウンドを繰り返す人の原因




最近のダイエットサプリは脂肪燃焼系やカロリーカット系のサプリなどが人気ありますよね。

しかし未だにダイエットサプリの定番として人気がありますのは酵素サプリなんですよね。それも「生酵素」ね!
(酵素ドリンクも人気はあります。しかし「生酵素」ではありませんし、味や臭いを嫌がる人は多いです汗)

デブイヤ編集部が生酵素をおススメする理由はダイエットだけではなくて美肌や健康、便秘などもサポートをしてくれるからなんです。

30代以降になると酵素は激減しますのでサプリにより体の外から補うことも大事だと思われます。


出典:http://kouzikouso.web.fc2.com/

痩せることだけを目的としたカロリーカットや脂肪燃焼サプリよりダイエット以外の美容や健康もサポートしてくれる生酵素サプリに興味のある人はこの記事(↓)読んでね!

>>生酵素サプリでダイエット!おすすめサプリ10選の効果や口コミは?

【関連記事】
>>脂肪燃焼サプリの口コミ多数!おススメのダイエットサプリ6選

すりおろしのきゅうりに飽きた人の別な食べ方

すりおろしたきゅうりを食べるだけとはいっても、毎日続けているとさすがに飽きてきてしまいますね。

OK

私の場合、そのままなら気にならないようなきゅうりの青臭さがすりおろしだと強く感じられてしまって、段々と苦手になってきました。

すりおろしきゅうりに飽きた人、すりおろしたきゅうりが苦手な人でも、簡単アレンジで美味しく食べられる方法をいくつか考えてみました。どうぞお試しください。

きゅうりスムージー

きゅうりをお好みのフルーツや野菜と合わせてスムージーにしてしまえば、すりおろしきゅうりを摂取しつつ味にも変化を付けられます。

作ったスムージーを食前に一杯飲んでから食事をすると、食べ過ぎなくても満腹感を得やすく総摂取カロリーを抑えられるでしょう。

注意するべきなのは、ミキサーの回転刃による摩擦熱できゅうりのホスホリパーゼが無効になってしまう恐れがあることです。

きゅうりは別にすりおろしてから加えるか、低速ミキサーなど熱が発生しにくいものを選びましょう。

作り方:https://cookpad.com/recipe/4000166

納豆+すりおろしきゅうり


出典:https://www.orangepage.net/recipes/detail_126981

すりおろしたきゅうりを納豆に混ぜてしまえば、納豆の風味できゅうりの青臭さが気にならなくなります。更に青ネギを加えても良いでしょう。

醤油やめんつゆで味付けして豆腐にかければ、低カロリーかつ栄養もある前菜のできあがりです。

ネバネバ食材+すりおろしきゅうり

デブ1

とろろ・オクラ・めかぶなどのネバネバ食材とすりおろしきゅうりを合わせたものは、つるつると食べやすく夏バテ予防にもなります。

きゅうりの青臭さを消すため、しょうがやみょうがなどの薬味を入れても良いですね。味付けはめんつゆで充分おいしくできます。

「毎日すりおろしきゅうりを食前に食べなければいけない」と思っていると段々辛くなってきますが、「毎日前菜としてすりおろしきゅうりを使った料理を食べよう」と考えてみると楽しくなってきますし、食べ方の幅も広がり続けやすくなります。

色々な食べ方をしているうちに、自分に合ったお気に入りのレシピも見つかることでしょう。

きゅうりダイエットに成功した人・失敗した人の口コミ

もちろんダイエット法には向き不向きがありますから、きゅうりダイエットにも挑戦して成功した人・失敗した人が存在します。

それぞれの口コミをまとめてみました。

成功した人の口コミ

仮4

元々痩せ体型だけれども、きゅうりを食べ続けて1ヶ月で1.5kg減った!

仮7

食事にきゅうりを取り入れる以外にも、間食代わりにきゅうりを食べるようにしたら痩せた

仮1

家庭菜園できゅうりが採れるので、毎年夏限定できゅうりを多く食べますが3~5kgほど落ちます

失敗した人の口コミ

BAD1

きゅうりをすりおろすのが面倒くさいし、おいしくなくて続かなかった

BAD3右

とりあえず普段のおかずにきゅうりを足してみたけれど、1kgも痩せなかった

NG

痩せなかったし、冷え性が悪化した

>>玉ねぎヨーグルトダイエットの「やせ酸」でマイナス3kgは本当?

正しく実践することと続けられるかがカギ

成功した人達の口コミを見ると、元々きゅうりが好きであったり上手に取り入れていたりして、ちゃんと適量のきゅうりを食べ続けていたことがうかがえます。

反対に失敗した人の口コミで多いのは、続けられなかったりきゅうりダイエットの特性を理解しないまま何となくきゅうりを食べてみたというパターンです。

特に冷え性が悪化してしまったという人は、おそらく冷えから脂肪が付くタイプなのでしょう。

成分の項で触れた通りきゅうりは身体を冷やす作用がありますから、冷えやすい人はきちんと身体を温めないとダイエット効果も出にくくなります。

どんなダイエット法でも、自分に合っていなければ効果は薄くなってしまいます。続けられるかどうかも含めて、それを見極めることがダイエット成功のコツと言えるでしょう。

まとめ

きゅうりダイエットにおいて特に重要なポイントは、以下の3点でした。

・加熱せずに生で食べること

・すりおろすか、よく噛んで食べること

・毎日続けること

ポイントを理解して実践できていれば、無理な食事制限は必要ありません。

きゅうりのホスホリパーゼによって分解された脂肪は日常動作でも燃焼しやすいようになりますが、同時に有酸素運動をすればより早く効果を実感できます。

>>室内運動のエアロバイクで体重6kg減!人気で手軽な有酸素運動

短期間でダイエットをしたい場合は、運動も一緒に取り入れましょう。

運動で失われた水分やミネラルを補給するのにも、きゅうりはピッタリです。

きゅうりの持つパワーを味方につけて、おいしく楽しくダイエットに挑戦してみてくださいね。




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?