【ライター:折山ヒロ】

いつの頃からかパラパラと目立ってくる白髪、気になりますよね。

1~2本混じっているだけで、随分と見た目年齢が変わってきてしまいます。

私も抜かないほうがいいと聞いて切ってみてはいるものの、たまに髪をまとめたりすると気付かなかった隠れ白髪が出てきたり…。

染めても白髪ってすぐ目立って来て、カラートリートメントや塗るタイプの白髪隠しでその場をしのいでいます。

白髪を根本的に黒髪に戻せたらと思いませんか?

白髪って一度なってしまうともう元には戻らないんでしょうか。

折山ヒロ

いいえ、あきらめるのはまだ早いです!

白髪になる原因や漢方などの改善策を調べてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

>>「簡単にできる白髪の改善方法」を今すぐ読む

【関連記事】
>>石鹸シャンプーのメリットデメリットは?シャンプーのおすすめ5選

>>髪の保湿方法11選!髪の乾燥に悩んでる人のヘアケア







白髪になる原因

そもそも白髪になるのはどんな要因があるのでしょうか。

遺伝

白髪に関する遺伝は全て解明されているわけではありません。

現在は白髪そのものの遺伝と言うより、色素を作り出す面での遺伝が大きく影響しているのではないかとされています。

また、食生活などの生活習慣も家族であれば似てきます。

髪の健康には栄養のバランスも関わってくるので、生活していく中で後天的に体質が似るというのも考えられます。

加齢

白髪は若い方でも生えてくることもありますが、だんだんと年齢が上がるにつれて増えていきます。

それは加齢とともに色素を作り出す機能が低下していくためです。

白髪は元々が黒くて色素が抜けて白髪になると思われがちですが、実は元々髪の色は白であり、メラニンという色素によって黒く色が付くのです。

このメラニンを作り出す細胞(メラノサイト)が、髪を作り出す毛母細胞というところにメラニン色素を与えて黒髪として生えてくるのです。

そして何らかの原因でメラニンが作られなくなると、白髪になります。

白髪になるタイプは2つあり、メラノサイトは残っているけれどメラニンを作っていないタイプ(休止型)と、メラノサイトが減少あるいは全く無くなってしまったタイプ(欠失型)にわかかれます。
先生3

白髪のほとんどはメラノサイトが少なくなってしまう欠失型とされています。

このメラノサイトの働きが加齢によって鈍くなっていってしまうので、白髪が増えてくるわけです。

ストレス

現代社会では切っても切れないストレス。

このストレスも白髪を増やしてしまう原因となっています。

ストレスを受けると毛細血管が収縮してしまい、頭皮の血行も滞りがちになります。

自律神経も緊張から乱れやすくなります。

またストレスから暴飲暴食に走ってしまったり、睡眠が浅くなったり、喫煙量が増えてしまったりと髪のために良くないことも伴いがちになります。

日頃から運動など自分なりのストレス解消の方法を見つけておき、適度に息抜きをすることが大切です。

>>人生で観てよかった最高に面白いおすすめ映画30選
(ストレスには映画ですね!)

貧血

女性は月経やダイエットなどで鉄欠乏性貧血になりやすく、貧血になると酸欠状態になり身体に酸素が行き渡り辛くなってしまいます。

そうすると一つ一つの細胞が機能不全に陥り、毛母細胞やメラノサイトの働きも落ちてしまい、白髪になりやすくなるのです。

銅不足

ミネラルの一種である銅は、メラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素を活性化してメラニンの生成を促進させます。

そのため銅が不足するとメラニン色素が生成されず、白髪が増えてしまう可能性があるのです。

銅が多く含まれる食品は、玄米、大豆、レバー、ゴボウ、プルーン、のり、しいたけ、いか、カニなどです。

多くの食品に含まれているため、通常の食生活で不足を心配する必要はありませんが、偏った食事をしていると足りなくなる可能性もあるので、これらの食品を参考に摂取すると良いでしょう。

ブリーチ

髪の色を抜くブリーチは、明るいヘアカラーを入れたい場合に使われます。

ブリーチには過酸化水素が含まれていて、この過酸化水素が白髪を増やしてしまいます。

通常のヘアカラーや白髪染めにも過酸化水素は含まれています。

過酸化水素はメラニン色素を作り出すチロシナーゼを壊してしまうのです。

過酸化水素は活性酸素の一種で身体の中でも発生するものです。

過酸化水素を分解する酵素があるので、若いうちは酵素の生成も多く、分解が追いつき白髪になる心配はありませんが、加齢により酵素の生成が減ってくると、過酸化水素が蓄積して白髪になってしまいます。

喫煙

喫煙は活性酸素を増やし、ビタミンCを大量に消費します。

活性酸素は細胞自体を老化させてしまいますので、白髪だけでなく髪のためにも喫煙はマイナスです。

先生3

健康のためにも禁煙するのが1番です。

紫外線

これからの季節紫外線が気になりますね。

肌にはもちろん、髪にも紫外線は影響してきます。

しかも顔に浴びる紫外線より頭頂部で受ける紫外線は倍以上になります。

紫外線を浴びると活性酸素が増え、頭皮の弾力が失われて硬く乾燥してしまいます。

そうすると血行も滞り、頭皮に栄養が行き渡らなくなります。

また紫外線は細胞のDNAを傷つけてしまうので、毛母細胞の働きなども弱めてしまいます。

顔は日焼け止めをこまめに塗りますが、頭皮は忘れがち。

>>紫外線サプリ8選!飲む日焼け止めサプリのメリットや選び方

髪の毛で防げているような気がしてしまいますが、紫外線は髪を透過して頭皮まで到達してしまいます。

髪用のスプレータイプの日焼け止めなどを使って、髪と共に地肌も紫外線を防ぎましょう。

日傘や帽子も有効です。

ただし帽子は頭皮が蒸れてしまうと頭皮を傷めますので、蒸れにくい素材のものがオススメです。

白っぽい色のものより、黒っぽい色の方が紫外線をより防げます。

紫外線カットの加工がされていれば白っぽい色でも安心です。

また季節を問わず紫外線は降り注いでいるので、一年中同じ分け目ではダメージが大きくなります。

たまに分け目を変えて、紫外線に当たる部分を変えてみましょう。

頭皮の血行不良

ストレスや紫外線などに様々な要因によって毛細血管の血行が悪くなり、栄養が行き渡らず毛母細胞やメラノサイトの働きを抑えてしまいます。

簡単にできる白髪の改善方法

では、白髪を減らす方法はどんなものがあるのか見ていきましょう。

漢方で白髪を改善

体質に合わせて処方される漢方。

女性にとっては月経にまつわるPMSや更年期などにも処方されるので、身近に感じる方も多いのではないでしょうか。

その漢方が白髪にも有効だということをご存知ですか?

体質を改善させて白髪を予防するという考えです。

ここでは体質のタイプ別に、オススメの漢方をご紹介します。

血虚(けっきょ)

字のごとく、血が足りていない状態の事を言います。

血が不足するため、身体に栄養が行き渡らず貧血気味になり、フラフラしやすかったり、しびれやすかったりします。

また肌がカサカサになり、抜け毛や白髪が増えやすい傾向にあります。

症状としては、

・肌がかさつく

・顔色が青白い

・痩せている

・不眠傾向

・貧血気味

・白髪

などが現れやすいとされています。

対応する漢方は、

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん) …足腰が冷える、貧血気味、月経不順など

温経湯(うんけいとう) …月経不順、月経困難、更年期障害、足腰の冷え、不眠、しもやけなど

加味逍遙散(かみしょうようさん) …のぼせ、イライラ、更年期障害など

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう) …病後、手術後の体力低下、疲労倦怠、貧血など

などが処方されます。

気虚(ききょ)

こちらも字のごとく、気が足りていない状態です。

活力が不足しているので、疲れやすく冷えにも弱い傾向があります。

胃腸の働きも悪く、食欲がなかったり下痢をおこしやすいタイプです。

また体力が無く、風邪をひきやすいなど免疫が弱い面も有ります。

症状としては、

・顔色が青白い

・気力が無い

・疲れやすい

・食欲がない

・声が小さい

・汗っかき

などが現れやすいです。

対応する漢方は

補中益気湯(ほちゅうえっきとう) …疲労しやすい、だるさ、食欲不振など

六君子湯(りっくんしとう) …胃腸が弱い、食欲不振など

などがあります。

腎虚(じんきょ)

腎虚は腎臓の腎という字が使われているので、腎臓に関係していると思いがちですが、この場合の腎は腎臓の事ではなく、泌尿器系や生殖器系のことを指しています。

腎虚とは加齢によって、発育や成長、生殖などに影響するエネルギーが不足する状態のことを言います。

症状としては、

・腰痛

・骨粗しょう症

・頻尿、排尿障害

・足の冷え、だるさ

・白髪

・乾燥肌

・耳が聞こえづらい、耳鳴り

など、加齢に伴った症状が現れやすいとされています。

対応する漢方は

八味地黄丸(はちみじおうがん) …頻尿など

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん) …足腰のしびれ、痛みなど

六味地黄丸(ろくみじおうがん) …頻尿、排尿困難、むくみ、かゆみなど

などがあります。

先生3

白髪では保険内での漢方は出してもらえませんが、他に気になる症状が漢方に該当すれば保険内で処方されます。

市販のものもありますが、病院で処方される漢方は成分の含有量も多いので、市販のものと比べると効き目が強いです。

漢方は様々な症状に合わせて処方され、体力の有無や疲れやすさなど総合的に見ますので、気になる症状がある方は、漢方を取り扱っている病院を受診してみると良いでしょう。

サプリメント

白髪に有効としているサプリメントは数多く出ているわけではありませんが、メラニン色素の生成に欠かせない成分を配合したものや、漢方を主体にしたものなどがあります。

黒フサ習慣

メラニン色素の元となるチロシンを配合していますので、メラニンを増やす効果が期待できます。

>>公式サイトで詳細を見る

ブラックサプリEX

医師が監修したサプリメントです。

髪に良いとされている黒ゴマや昆布、パントテン酸などを配合しています。

黒ツヤソフト

和漢素材である「アキョウ」を配合したサプリメントです。

漢方の専門医と共同開発しており、他にも女貞子、冬虫夏草などが入っています。

>>公式サイトで詳細を見る

シャンプー

エイジングケアやカラートリートメント成分配合のものなど、様々な商品があります。
いくつかオススメのシャンプーをご紹介します。

haru 黒髪スカルプ・プロ

100%天然の成分で出来ています。

メラニン色素を生成する際に使われる酵素の働きを活発にしてくれるヘマチンを配合しています。

この他にも海藻ミネラル、花や果実から抽出した天然エイジングケア成分などを配合しています。

リンス不要できれいな髪が保てるというクチコミが多いようです。

ただし着色成分は配合されていません。

メリット

・頭皮のニオイが気にならなくなった
・柑橘系の香りに癒される
・頭皮の乾燥が収まってフケが出なくなってきた
・抜け毛が減った
・天然系なのに満足な泡立ちにハマった
・リンスやコンディショナー要らずで楽!
・白髪ができにくくなった
・髪にハリとコシが生まれてボリュームアップしてきた
・頭皮の汚れのクレンジングができる
・たっぷり2ヵ月使える
・定期購入でお得に使え、届けてもらえる

デメリット

・どうしても頭皮に合わなかった
・できてしまった白髪は黒くならない
・通販限定の商品なので、面倒くさい
・お試しサイズなどがない
・コンディショナーがないとパサつく

>>湯シャンするとフケは増え、頭皮はかゆくなるの?正しい湯シャンとは?

>>公式サイトで詳細を見る

アマトラ QUO(クゥオ)ヘアバス es

こちらはヘマチンに加えて海洋深層土から抽出され、アミノ酸やミネラルやビタミン、酵素などを多く含んでいるフルボ酸が配合されています。

乳化技術を進化させ、より栄養成分を浸透させられるラメラテクノロジーを採用しています。

口コミでは

「リンス無しでも根元はふんわり、髪はしっとりとまとまる」

「美容室で薦められて使っている」

などの意見が目立ちました。

こちらも着色成分は配合されていません。

>>公式サイトで詳細を見る

利尻カラーシャンプー

髪表面に着色するヘアマニキュア成分を配合し、シャンプーするだけで徐々に白髪を目立たなくさせるシャンプーです。

ジアミン、パラベン、鉱物油無添加で、色素は天然由来の物を使っています。

他にも天然由来の潤い成分を27種類も使っています。

口コミでは

「だんだんと目立たなくなってきた」

「中々染まらない」

などの意見がありました。

>>公式サイトで詳細を見る

白髪改善に効果のある頭皮マッサージ

白髪を改善するためには、頭皮の血行を促すことが大切です。

ここでオススメの頭皮マッサージのやり方をご紹介します。

プロのヘッドスパ

折山ヒロ

美容室で受ける頭皮のマッサージは気持ちいいですよね。

人にやってもらう事によって、自分でマッサージするのとはまた違うリラックス効果も味わえ、ストレス解消に役立ちます。

硬く凝りかたまった頭皮を柔らかくし、血行を促進できますので、効果的に栄養成分を巡らせられるようになります。

頭皮マッサージの注意点とポイント

自分で頭皮マッサージをする際、気をつけて頂きたいポイントがあります。

爪を立てず、指の腹の部分でマッサージすること

強くはせず、気持ちいいと感じる強さで行うこと

長時間はしないようにし、10分以内にする

以上の点に気をつけて、頭皮を傷めないように行いましょう。

まとめ

あきらめていた白髪にも、色々なアプローチが有ることがおわかり頂けたのではないでしょうか。

原因となる要因を出来るだけ避け、マッサージなども取り入れてサラサラつやつやな黒髪を手に入れましょう!

【人に言えない悩み解決法6選】