【ライター:にゃみ】

バストアップしてセクシーになりたい!

そんな願望をお持ちの方、とても多いと思います。

大きすぎて垂れているようなバストは、とても残念ですが…

にゃみ

バストは、ほどよくありメリハリのあるボディには、すごく憧れます。

でも、どのようにすればバストは大きくなるのでしょう。

バストアップを目指すためには、「プロテイン」が良いそうです!

プロテインといえば、キックボクシングをしていた弟が飲んでいました。

筋肉をムキムキにするために、男性が飲むものだと思っていたので、興味はなかったのですが…

ふとドラッグストアのプロテインのコーナーを見てみると、女性用の美容効果が期待できるような種類のものも見かけました!

プロテインってほんとうにバストアップできるの?

今回は、プロテインにはバストアップ効果が期待できるのか?…という疑問についてお答えしていこうと思います!

>>「バストアップ向けのプロテインの選び方」を今すぐに読みたい人はこちら

【関連記事】
>>おっぱいを大きくする方法は「おっぱい体操」が一番簡単!?

>>Cカップの大きさなのに貧乳に見える人7つ対策







プロテインのメリット

小柄な体型だけど、美しいバストをお持ちのほしのあきさん。

実はほしのあきさんは、プロテインを飲んでバストアップされた方の一人なんです。

本人曰く、プロテインを飲んだことにより体重はプラス10kg…

でもバストは今のサイズに!

にゃみ

その後運動することにより、バストサイズは維持し、体重は元どおりになったそうです。

そんなエピソードを「徹子の部屋」でお話しされていたのだとか…

ますます気になるプロテインのメリットとは、なんなのでしょう。

「良質」なタンパク質を簡単に摂れる

ところで、そもそもプロテインとは何なのかご存知ですか?

見た目は赤ちゃんの粉ミルクのような感じですよね!

プロテインというのは、日本語だと「タンパク質」のことなんです。

人間のカラダは、水とプロテイン(たんぱく質)の塊といっても過言ではない。

筋肉はもちろん、内臓、骨、血液、髪の毛、皮膚、爪に至るまでたんぱく質からできている。

たんぱく質が不足するとヒトのカラダは、様々な部分が機能不全に陥ってしまう。

引用元:http://www.dnszone.jp/protein/

一般的に、多くの方々が飲まれているプロテインは、まさにタンパク質を摂取するためのサプリメントのようなもの。

にゃみ

プロテインは、運動をしている方が飲んでおられることが多いですよね。

プロテインは、筋トレなどのトレーニングにより、傷ついてしまった筋肉を補修してくれるため、筋肉を増強する効果が期待できるそうです。

しかも、プロテインに含まれているタンパク質は、「良質」なタンパク質なんです!

体にとってすごく大切なものなのに、食事などでは、不足してしまいがちなタンパク質。

良質なタンパク質を簡単に摂取できると言うのは、プロテインの最大の魅力です。

「タンパク質」と「良質なタンパク質」との違い

「良質なタンパク質」を摂取することができるプロテインですが…

そもそも「タンパク質」と「良質なタンパク質」との違いはなんなのでしょう。

実は、タンパク質は良質なほど効果的であると言われています。

では、どのようなタンパク質が良質なのかというと…

先生1

「必須アミノ酸」がバランスよく配合されているものが良質であると言われています。

必須アミノ酸というのは、体内で作り出すことはできない栄養素であるため、食べ物から摂取する必要があるそうです。

タンパク質とアミノ酸との関係

タンパク質を摂取する時には、タンパク質だけを摂取するだけではあまり意味がありません。

>>ダイエット中にタンパク質の摂る効果的な方法

なぜなら、体内でタンパク質を作る時にはアミノ酸が必要になるからなんです。

必要になるアミノ酸の種類というのは、なんと20種類!

しかも20種類のうちの9種類は、「必須アミノ酸」と呼ばれている、体内で合成することができないと言われているアミノ酸なんです。

必須アミノ酸 非必須アミノ酸
イソロイシン
ロイシン
メチオニン
トリプトファン
リジン
バリン
ヒスチジン
トレオニン
フェニルアラニン
アスパラギン
アスパラギン酸
アラニン
アルギニン(※)
グリシン
グルタミン(※)
グルタミン酸
システイン(※)
チロシン(※)
セリン
プロリン

※準必須アミノ酸…体内で生成されるが、食品からも積極的に摂取してほしいアミノ酸

引用元:http://cp.glico.jp/powerpro/amino-acid/entry13/

タンパク質を摂取する時は、必須アミノ酸が必要不可欠でということですね!

タンパク質を低カロリーで補える

タンパク質は、肉類や魚類、大豆などに多く含まれているのですが…

必須アミノ酸がバランスよく含まれた「良質なタンパク質」を摂取できている方は少なく、不足しがちであるのが現状です。

また、食事から良質なタンパク質を摂取しようとすると、高カロリーになってしまうようなことも…

プロテインは、タンパク質を比較的低カロリーで補うことができるというメリットもあります。

タンパク質が不足してしまうと、免疫力が低下してしまったり、風邪や病気になりやすくなってしまいます。

タンパク質不足には注意が必要ですね。

なぜプロテインはバストアップに効果あるの?

それでは本題に入りましょう!

なぜプロテインは、バストアップに効果が期待できるのか…すごく気になるところですよね!

まず、バストはどのような作りになっているのかご存知ですか?

見た目通りですが、約9割は「脂肪」でできていて、約1割は「乳腺」でできています。

言い方は悪いですが、ほとんど脂肪ということになります。

プロテインは、バストのほとんどを占める「脂肪」と、わずか1割ほど存在する「乳腺」を、発達させることで、バストアップ効果が期待できると言われています。

では、どのようにしてバストの脂肪や乳腺を発達させていくのかというと…

プロテイン、すなわちタンパク質には、女性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促進させる作用が期待できると言われています。

この、女性ホルモンや成長ホルモンというホルモンには、バストの乳腺の部分を発達させる効果が期待できるそうです。

「バストにたった1割しか存在しない乳腺を発達させただけで、バストアップなんかできるの?」

なんて思いますよね!

にゃみ

安心してください!

一般的に、バストというのは脂肪と乳腺の割合を一定に保つような仕組みになっているそうで、乳腺が発達すると脂肪も増えます。

先生1

妊娠や出産で、おっぱいが大きくなったという話はよく聞きますが、それと同じですね!

食事だけだと不十分なアミノ酸

バストアップに必要となるタンパク質の合成をサポートするアミノ酸!

20種類のうち1つでもかけていたら、合成できないというほど重要なんです。

そんなアミノ酸ですが、普段の食事から完璧に摂取しようと思うと、かなり難しいと思います。

プロテインには、アミノ酸がしっかり含まれているため、バストアップに効果が期待できるそうです。

プロテインは、バストアップに必要な栄養素がしっかり摂れるということですね!

バストアップ向けのプロテインの選び方

バストアップのためにプロテインを取り入れたい!

にゃみ

でも、どんなプロテインを選べばいいのかわかりませんよね!

キックボクシングをしていた弟は、いかにも強くなれそうなパッケージのプロテインを飲んでいましたが…

同じものでいいのでしょうか?

バストアップのためにプロテインを飲むなら、どんなプロテインがいいのか、ご紹介していきます。

4種類あるプロテイン

私も知らなかったのですが、プロテインには4つの種類があります。

詳しい人でないと、なかなかわからないことだと思いますが、原料によって四種類に分けられているそうです。

では、それぞれ特徴などをみていきましょう!

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは、牛乳から作られたプロテインになります。

ホエイプロテインには、筋肉修復効果が期待できるアミノ酸が豊富に含まれているため、トレーニングなどで筋肉を鍛えておられる方におすすめです。

吸収が早く、胃腸への負担が少なく飲みやすいという特徴があるのですが、他のプロテインに比べると少々お高め…

カゼインプロテイン

カゼインプロテインも、ホエイプロテインと同じく、牛乳から作られています。

筋肉に長く働きかけてくれるため、睡眠を取る時や、ダイエット中栄養補給などに最適です。

アスリートの方などにも、人気があるのだとか。

同じ牛乳から作られたホエイプロテインは、水溶性なので、吸収のスピードが早いのですが、ガゼインプロテインは、不溶性であるため、ゆっくり吸収されるそうです。

胃腸には負担がかかりやすいかもしれませんね…

ソイプロテイン

ソイプロテインというプロテインは、大豆から作られています。

タンパク質だけでなく、大豆イソフラボンも摂取することができるため、健康志向な女性や、美意識の高い女性に大変人気があります。

吸収はゆるやかですが、女性らしい体型になりたいという方にはぴったりです。

エッグプロテイン

エッグプロテインは、何が原料になっているのかわかりますよね?

そう!卵が原料のプロテインなんです!

よくムキムキマッチョな人が、生卵を飲むシーンがありますよね。

>>筋トレ中の人には卵を食べるのは必須!ロッキーみたく生卵を飲むのは良いの?

卵には、白い部分である白身と、黄色い部分である黄身があるのをご存知だと思います。

タンパク質が豊富なのは、ズバリ白身の部分!

筋肉を増強したり、大きくする効果が期待できます。

卵といえば心配なのはコレステロール…

にゃみ

でも、コレステロールが含まれているのは黄身の部分なのでご心配なく…

バストアップにはソイプロテイン!

4種類のプロテインをご紹介しましたが、どのプロテインがバストアップにいいかわかりましたか?

バストアップにおすすめなプロテインはズバリ…

にゃみ

大豆からできた「ソイプロテイン」です!

なぜソイプロテインがバストアップにおすすめなのかというと、良質なたんぱく質の他に「大豆イソフラボン」が配合されているからです。

大豆イソフラボンという成分は、女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きがあるため、乳腺を発達させて、バストアップするのに最適であると言われています。

またソイプロテインに期待できるのは、バストアップ効果だけではないんです。

女性に嬉しい美肌効果や美髪効果まで、まさに女性らしさを保つために必要なものといえますね!

すごくつらいと言われている更年期障害も和らげてくれるのが嬉しいですね!

ホエイプロテインは筋肉量アップ

バストが大きくなるのは嬉しいですが、大きくなって垂れてしまうと、元も子もありません。

なのでバストアップするなら、バストが垂れないように対策することも大切になります。

バストは、大胸筋と呼ばれる筋肉に支えられることで、垂れずにハリを保っているそうです。

ところがこの大胸筋が衰えてしまうと、バストが大きくなっても垂れてしまい、残念なバストになってしまいます。

大胸筋などの筋肉量をアップさせるためには、ホエイプロテインがおすすめ!

大胸筋を鍛えてバストの下垂を防ぐ

素敵なバストを作るためには、大胸筋を鍛えることも大切です。

「筋トレなんてできない!」なんて思うかもしれませんが、そこまで大変なトレーニングではありません。

ハリがあり垂れていないバストは、かなり魅力的なので、大胸筋を鍛えてバストの下垂を防ぎましょう。

>>女性の大胸筋を鍛えるとバストアップやバストの下垂に効果ある

飲み方

バストアップのためにプロテインを飲むときには、どのような飲み方をすればいいのでしょう。

筋肉量をアップしたい方は、トレーニング後に飲んだりしますよね!

バストアップに効果的な飲み方とは…

豆乳に溶かして飲むとより良い

バストアップのためにプレテインを飲むなら、豆乳に溶かして飲むといいそうです。

バストアップには、大豆イソフラボンが含まれたソイプロテインがおすすめであるとお話ししましたよね。

豆乳もソイプロテインと同じように、大豆から作られた飲み物なので、大豆イソフラボンが含まれています。

つまり、ソイプロテインと豆乳の大豆イソフラボンで、ダブル効果が期待できるということなんです!

飲むタイミングは?

プロテインを飲むタイミングです、どのタイミングがいいのかというと…

にゃみ

運動の後や寝る前であると言われています。

プロテインであるタンパク質は、運動やトレーニングにより、傷ついた筋肉を修復をしてくれる役割があります。

そのため、運動やトレーニングで筋肉が傷ついてしまった後に飲む方が、吸収率がよく効果的であると言われています。

また、寝る前に飲むことが効果的なのは、睡眠中にバストアップに重要な、成長ホルモンがたくさん分泌されるからなんです。

先生1

成長ホルモンの分泌がピークになるのは、就寝後30分~3時間後であると言われています。

それに合わせて、寝る30分〜1時間前に飲んでおくのがベストです!

プロテイン摂取時の注意点

危ない薬ではないので、比較的安全なプロテインですが、やはり摂取する時には注意点もあります。

注意点をしっかり守った上で、チャレンジしてくださいね!

太ることも?

バストアップのためにプロテインを飲まれた方の中には、太ってしまったという方もおられます。

巨乳で有名なほしのあきさんもその一人なんです!

プロテインは太るというイメージがあったので、心配していました。

低カロリーであるプロテインですが、飲みやすいように糖分が使われています。

ジュース感覚で飲めちゃうというわけです。

なので、ついつい飲みすぎてしまうという方もおられるかもしれません。

にゃみ

飲みすぎには十分注意するようにしてくださいね!

腎臓に負担?

プロテインは、腎臓に負担がかかってしまう場合があります。

にゃみ

先日、祖父が腎不全になり食事の指導などを受けたのですが、タンパク質はよくないというお話でした。

なので腎臓に疾患があるという方には、プロテインはNGなので、気をつけるようにしてください。

タンパク質は、たくさん摂りすぎると体内で分解されて窒素になるそうです。

この窒素はどうなるのかというと、アンモニアに変化します。

しかし、アンモニアは体にとって有害な物質なので、腎臓で尿になり体外に排出されます。

タンパク質を摂りすぎてしまうと、腎臓に大きな負担がかかることがわかりますよね。

先生1

腎臓が悪くなると、人工透析を受けなければならなくなったり、かなり大変な思いをすることになります。

プロテインの摂りすぎには、十分注意してくださいね。

まとめ

プロテインでのバストアップは、スリムな方には特におすすめ!

脂肪がついてしまうというのは、悪いイメージもありますが、バストアップしてセクシーで女性らしい体を目指しましょう!

>>痩せて美人になると人生は変わる!メリット5選

プロテインにはいいところもたくさんありますが、注意点もあります。

注意点を守りながらチャレンジしてみてくださいね!

【人に言えない悩み解決法6選】