【ライター:MIYABI】

素敵なヘアスタイルはオシャレの基本!

そのため髪が思うようにまとまると、それだけでその日の気分は上がるものです。

ところがいくら頑張っても、思うようなスタイリングができない髪質に悩む方は意外に少なくありません。

その髪質とは細髪、猫毛、軟毛

これらの髪質が原因でヘアスタイルがなかなかまとまらないなんて、寂しいですね。

では、細髪、猫毛、軟毛の方はスタイリングへの諦めが肝心なのでしょうか。

いえ、実は効果的なシャンプーの使用でその悩みを解消することが期待できます

そこで今回は細髪、猫毛、軟毛の原因や、その髪質に悩んでいる人向けのおすすめシャンプーをご紹介します。







おすすめの市販シャンプーランキング7選

実は私も細髪のためスタイリングが難しく、「この髪って何とかならない?」と悩み続けていました。

そのため相性の良いシャンプーに出会ったときには、私の悩みに優しく寄り添ってくれるサポーターに出会ったような感覚を覚えました。

ここでは7つのシャンプーをご紹介していますので、あなたの悩みのサポーターを見つける参考にしてくださいね。

ラサーナプレミオール

大地と海の自然の恵みで頭皮と髪の健康を守ることにこだわりぬいた、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

美しく健康的な髪には、整った頭皮環境は絶対不可欠。

ラサーナプレミオールは、そんな大切な頭皮を優しくケアしながら美しい髪を目指す環境を整えることが期待できます。

それは4つの植物オイルやフランスブルターニュ産の海藻や海泥などで、頭皮のコントロールケアや傷んだ髪の補修効果が期待できるからです。

また、ラサーナプレミオールはウットリするようなアロマティックフローラルの香り。

香りも楽しみながらケアができるメリットもありますが、逆にニオイに敏感な方にはこの香りがキツく感じるということがデメッリットになることも。

<悪い口コミ>

しっとり感は、太く髪質には物足りないかも。ニオイも苦手です。

<良い口コミ>

・洗い上がりがしっとりサラサラで、指どおりがツルンとして気持ち良いです。

・髪がまとまるようになりました。

公式サイト:https://www.lasana.co.jp/Product/premiortreatment

ルメント炭酸シャンプー

高濃度炭酸の濃密な泡で、穏やかに洗浄してくれるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

頭皮や髪が傷んでいると、シャンプー時にありがちな摩擦や刺激はつらいですよね。

しかしルメント炭酸シャンプーは濃密炭酸泡でスッキリと洗いあげてくれるため、そんなつらさもなさそうです。

また、保湿効果の優れた成分やオーガニックオイル、髪の主成分であるケラチン配合。

さらに高いアンチエイジング効果が期待できるノーベル化学賞受賞のフラーレンという成分が、健やかで若々しい髪を期待させてくれます。

ただ、そういったメリットがある反面、配合成分による影響で髪のごわつきやニオイがデメリットになってしまいます。

<悪い口コミ>

・すすぎが足りなかったのか、かゆみが出て髪もゴワゴワするような感じがありました。

・SNSの広告では良さそうでしたが、頭皮が臭くなって期待外れです。

<良い口コミ>

・濃厚泡でしっとりとした洗い上がりで、髪がツヤツヤになりました。

・もっちりとした炭酸濃密泡で、頭皮も髪もスッキリとケアができて嬉しいです。

公式サイト:https://cosmecollege.com/campaign/

ナンバーロッカン

お肌と髪の両方への優しさを持って作られた、天然成分配合のアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

ナンバーロッカンの一番の特徴は、高濃度のPPTが配合されていること。

天然由来のアミノ酸成分で、抜群の補修力と保湿力で髪のうるおいを守るという嬉しい効果が期待できます。

髪がパサつきどうしてもまとまらないときなど、手元にあると便利そうですね。

さらにナンバーロッカンには、髪の潤いに効果的な寒天成分や髪の主成分ケラチンなどが配合されています。

そのためダメージヘアの補修がされ、その後にしっとりしたサラつやヘアの出現が高く期待できます。

これがこのシャンプーのメリットと言えます。

ただ高い効果が期待できる分、「ちょっと高額かな?」と感じる方も少なくないため、それがデメリットではないでしょうか。

<悪い口コミ>

使っていくうちに、髪のゴワつきやパサつきが感じられるようになりました。

<良い口コミ>

シャンプーのときから髪に潤いを感じられ、乾かした後もサラつやヘアが持続して嬉しいです。

公式サイト:https://lp-06can.jp/

パトロンシャンプー

頭皮本来の地肌力を大切に、95%以上の天然由来美容成分で健やかな頭皮環境に蘇らせてくれるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

女性にとって嬉しいエイジングケアや、女性ホルモンの分泌促進などが期待できる美容有効成分を配合。

そんな成分が含まれる濃密泡で洗い上げるため、満足できる充実した頭皮ケアと美髪ケアができそうだと感じさせてくれます。

そんなケアにより、しっとりとしてまとまる髪と健やかな頭皮を期待させてくれるのが、このシャンプーのメリットです。

ただ、シャンプー時に髪がキシキシするという方も多く、この点がデメリットになると言えます。

<悪い口コミ>

ノンシリコンのきしむ感じがあり、髪への効果はあまり感じませんでした。

<良い口コミ>

これまでのシャンプーとは違う感覚です。健やかな頭皮から元気な髪が育っているような感じがします。

公式サイト:https://patron.tokyo.jp/

アミノメイソン

弱った髪や頭皮をホイップクリームのような泡で優しく包み込み、洗浄してくれるアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

独自開発されたアミノケラチンと、優れた保湿アミノ酸でダメージ髪の隅々にまで働きかけ補修してくれます。

また、太陽の輝きをたっぷり浴びたボタニカル原料が、限りなく優しい洗浄力を発揮してくれます。

そしてさらに嬉しいのがミルク由来のタンパク質が配合された、フワッフワッの泡での洗浄。

そんな濃密泡で潤いたっぷりのまとまる髪頭皮を期待させてくれるのが、このシャンプーのメリットです。

ただ洗い上がりが優しいあまり、物足りなさを感じるのがデメリットになると言えそうです。

<悪い口コミ>

・上品な香りが好きですが、洗い上がりは特に良くも悪くもないといった感じでした。

<良い口コミ>

・フワフワの泡立ちで髪の摩擦を気にせずに洗え、洗い上がりもしっとりして髪がツヤツヤになりました。

公式サイト:http://www.aminomason.jp/

モーガンズシャンプー

潤い豊かな髪の土壌づくりを重視した、アミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

99%以上の植物由来成分で地肌を優しく洗い上げ、潤いのある整った頭皮環境を期待させてくれます。

そんな植物由来成分は、もちろん傷んだ髪にも効果的。

頭皮にも髪にも安心させてくれる優しさで、豊かな美髪の成長が期待できるのがこのシャンプーのメリットです。

また、頭皮や髪のトラブルで感じがちなストレスを解消してくれるかのような心地良い香りもこのシャンプーの嬉しい特徴。

ただオリエンタルの独特な香りのため、この点がデメリットになると言えます。

<悪い口コミ>

・独特な香りで少し苦手かな、と思いました。

・使い始めのせいかパサついて不安になりました。

<良い口コミ>

・泡立ちが良く、さらっとした心地良い洗い上がりで、気になるダメージヘアが滑らかなまとまりやすい髪になりました

公式サイト:https://mogans.jp/products/list.php

ベルタシャンプー

サラつやヘアを保つにためには頭皮を健やかにすること、というこだわりを持って作られたアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

健やかな頭皮環境を目指すために、パパイン酵素で古くなった頭皮の角質を除去し、余分な皮脂や汚れを洗い流すという徹底ぶり。

さらに37種類ものボタニカル成分を配合。

天然由来成分100%というこのシャンプーには、頭皮と髪への安心感が得られそうですね。

これは大きなメリットです。

しかしその反面ボタニカルとは植物由来のため、アレルギーがある方には合わないかも?というデメリットもあります。

<悪い口コミ>

・期待したほどの泡立ちではなく、洗い上がりも特に良いというわけではありませんでした。

・肌に合わず頭皮が痒く、フケも増えました。

<良い口コミ>

・低刺激なのにもっちり泡でしっとり洗浄。洗い上がりに大満足です。

・パサつきが落ち着き、髪がまとまりやすくなりました。

公式サイト:https://belta-shop.jp/belta_hair/shampoo_treatment/

細髪・猫毛・軟毛の原因

細髪・猫毛・軟毛には、いくつかの原因が考えられます。

ここではそんな細髪・猫毛・軟毛の原因についてお伝えしていきますので、しっかりチェックしてくださいね。

この中に思い当たる原因があれば、ケア対策に役立てることができると思いますよ。

加齢による

細髪・猫毛・軟毛の原因の一つには、加齢によるものが挙げられますが、そこにはホルモンバランスの乱れが大きく影響します。

なぜなら年齢が重なると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が減り、健やかな髪を成長させる作用が低下するからです。

髪に対するエストロゲンの働きは、ハリやコシなどを作り、その状態をキープすること。

それなのにそんなホルモンが減少してしまうと、それに伴いハリやコシも失われていきますね。

しかもエストロゲンの減少は、ヘアサイクルを乱してしまう男性ホルモンのジヒドロテストステロンを優位にすることにつながります。

つまり、女性の髪の成長にとって大歓迎のホルモンは遠ざかり、迷惑なホルモンが分泌されてしまうということです。

これらのことから年齢が重なると、細髪・猫毛・軟毛を引き起こす可能性が高くなるということが言えるわけです。

頭皮環境

細髪・猫毛・軟毛の原因には、頭皮環境の乱れも挙げられます。

なぜなら乱れた頭皮環境は、髪への栄養が行き渡りにくい状態を招き、髪の成長を妨げることになるからです。

健やかな髪は、健やかな頭皮があってこそ成長するもの。

私たちが健康でいるためには、健やかな体づくりができる環境が必要だということと同じですね。

ところがそんな大切な頭皮の乾燥、傷などのトラブルが発生すると、頭皮環境は悪化します。

その結果、血行不良を招き髪の成長に必要な栄養は行き渡りにくくなることも。

ということは、髪も発育不良になる可能性が高くなりますので細髪・猫毛・軟毛を引き起こす可能性も高くなります。

毛穴の詰まり

細髪・猫毛・軟毛の原因には、頭皮の毛穴の詰まりも忘れてはなりません。

なぜなら毛穴の詰まりは皮脂や汚れが詰まっているということで、これは頭皮環境の乱れを発生させる原因になってしまうからです。

つまり毛穴の詰まりによって健やかな髪の発育は妨げられ、結果的に細髪・猫毛・軟毛の原因につながるということになるわけですね。

パーマやカラーリング、紫外線などによるダメージ

細髪・猫毛・軟毛の原因には、髪や頭皮へのダメージも挙げられます。

なぜならこのダメージにより髪の構造が壊れるため、キューティクルが剥がれて髪の主成分であるケラチンというタンパク質が流れ出てしまうからです。

つまり、髪の毛の中身がスカスカの空洞になってしまうということです。

「オシャレのためには、パーマやカラーリングは欠かせない!」という方も多いと思います。

しかし、これらは髪の自然な状態に液体のような人工的要素を加えます。

また、ヘアアイロンや紫外線などによるダメージでは髪を焼くことになります。

このような髪や頭皮へのダメージは、キューティクルを積極的に剥がしているようなものです。

ということは髪の構造を壊しているようなものですから、細髪・猫毛・軟毛の状態が現れてもおかしくありませんね。

食生活や喫煙、ストレス

細髪・猫毛・軟毛の原因には、食生活の乱れや喫煙、ストレスなども挙げられます。

なぜならこれらは、髪への栄養を不足させることにつながるからです。

食生活では髪の主成分であるケラチンというタンパク質のために、タンパク質の摂取は欠かせません。

そしてそのタンパク質の代謝にはビタミンミネラルが必要です。

つまり髪の栄養のためには、バランスの良い食事を摂ることを大切にしなければならないと言えるのです。

また、喫煙やストレスなどは血行不良を招くもとになります。

そのため髪に栄養を届ける作用が低下しますので、髪は栄養不足となり成長を妨げることにつながります。

>>人生で観てよかった最高に面白いおすすめ映画30選
(ストレスには映画ですね!)

遺伝

細髪・猫毛・軟毛の原因には、遺伝ということも挙げられます。

なぜなら髪の構造が、遺伝子によって受け継がれるからです。

そもそも髪の構造は内側からメデュラ、コルテックス、キューティクルという3重構造。

その中で一番外側のキューティクルは人によって枚数が違い、2~3枚から10枚程度と言われます。

そしてそのキューティクルの枚数が少ないほど、髪が細かったり軟毛だったりという状態が見られます。

生まれつき髪が細い方や、軟毛の方は遺伝による影響が強いのかもしれませんね。

なぜ「猫っ毛」「細い髪」「軟毛」には良いシャンプーを使うべきなのか?

猫っ毛、細い髪、軟毛の方が日常的に使用するシャンプーは、キューティクルの枚数を減らさずに洗える良質のものを使うことが大切です。

なぜなら細髪・猫毛・軟毛は、キューティクルの枚数が少ないために作られる髪の状態だからです。

以前私はそのことを知らずに、ボリュームアップが期待できそうな安価なシャンプーを購入したことがあります。

いざシャンプーをしようと髪にのせて洗い始めると、スゴイ泡立ちでした。

そのときは「これ買ってよかった~」と喜んでいたのですが、数日後の髪の状態の悪さにビックリ!

慌てて美容院に行ったところ、キューティクルのことや良いシャンプーの必要性を聞き、その後すぐに変えた経験があります。

もちろん安価でも相性の良いシャンプーもあると思いますが、一度減ったキューティクルは増やすことができません

その点良いシャンプーには、髪や頭皮への刺激を少なくすることにこだわると同時にキューティクルの保護も期待できます。

そのため猫っ毛、細い髪、軟毛には、そんな良いシャンプーを使うべきなのですね。

細髪・猫毛・軟毛は良いシャンプーを使うことは必須!

良いシャンプーを使うことは、細髪・猫毛・軟毛に嬉しい効果を期待させてくれます。

ここではその理由をお伝えしますね。

シャンプーの選び方

良いシャンプーを使うためには、そのシャンプーの選び方にこだわることが大切です。

選び方で重視したいのは、そのシャンプーは継続できそうかということ。

ちなみに私は、次の4つのことを検討しながら選んでいます。

・髪や頭皮に刺激が少ない成分か

・負担がかかりにくい金額か

・嫌いな香りではないか

・細髪・猫毛・軟毛の人の評判は良いか

これなら「失敗した~」と頻繁に変えることはほとんどなく、安心して継続することができそうでしょう。

洗浄の成分がキツイのはNG

全ての方に言えることですが、特に細髪・猫毛・軟毛の方は洗浄成分のキツイシャンプーを使うことはNGです。

なぜならそのようなシャンプーだと強い洗浄力で刺激され、、大切なキューティクルをはがしてしまう危険性があるからです。

それに頭皮に必要な皮膚の常在菌や皮脂まで洗い流され、頭皮へのダメージは避けることが難しくなります

しかし良いシャンプーにはそのような心配はほとんどありませんので、安心して選ぶことができますよ。

ケラチン配合

細髪・猫毛・軟毛の方には、ケラチンが配合された良いシャンプーを使うことも効果的です。

なぜならケラチンは体を構成するタンパク質の一種で、髪の毛の主成分となるからです。

つまりケラチン配合シャンプーを使うということは、髪の主成分を補充するということになるのです。

ということは痩せた細髪・猫毛・軟毛に主成分が補充されることになりますので、髪のボリュームアップが期待できるということになります。

育毛ケア成分配合

細髪・猫毛・軟毛の方には、育毛ケア成分が配合されている良いシャンプーが効果的です。

なぜなら育毛ケア成分には発毛、血流促進、毛母細胞の活性化などが期待できるため、頭皮環境の改善や髪の成長が期待できるからです。

ということは、髪のボリュームアップも期待できるということです。

私は育毛ケアとは発毛効果だけと思っていました。

しかし、その成分効果は細髪・猫毛・軟毛へのアプローチまで期待できたなんて、改めてそのすごい効果に脱帽です!

天然由来のオイル配合

良いシャンプーには天然由来のオイル配合タイプがありますが、細髪、猫毛、軟毛の方には嬉しい効果が期待できます。

なぜなら天然由来成分のオイルには、優れた保湿力や優しい保護力などが期待できるからです。

しかもオイル成分が皮脂と汚れを浮かし出して、優しい洗い上がりを期待させてくれます。

私は特にこのタイプの優しい感触が気に入って使用していますが、ふんわりと漂う香りにもこだわると女子力がアップしたような気がします。

ノンシリコン処方

細髪・猫毛・軟毛の場合には、ノンシリコンが処方された良いシャンプーを選ぶことをオススメします。

なぜならノンシリコンの方が、頭皮の新陳代謝を守ってくれるからです。

実はシリコンは世間で言われるほどの悪いものではありません。

しかしシリコンは、それ特有の髪の表面をコーティングする作用と同時に、頭皮までコーティングする可能性があります。

ということは頭皮の新陳代謝が低下し、髪の成長が妨げられる可能性がでてきます。

良い頭皮環境は、ノンシリコン処方の良いシャンプーで作られるということになるわけですね。

アミノ酸シャンプー

細髪・猫毛・軟毛の方が使う良いシャンプーの条件には、アミノ酸シャンプーであるということを欠かすことはできません。

なぜならアミノ酸シャンプーは髪や体と同じ成分のため、頭皮にとても優しく接してくれるからです。

他のシャンプーに比べると洗浄力は弱まりますが、その優しさから髪や頭皮に刺激が少ないため安心して使えます。

ということは、髪のキューティクルや整った頭皮環境が守られるということになるわけです。

細髪・猫毛・軟毛を改善するためには、効果的なシャンプーではないのかな?と思います。

シャンプーをする際の大事なポイント

細髪・猫毛・軟毛の方には、シャンプーをするときに気をつけてほしい大事なポイントが3つあります。

良いシャンプーを使いながらこれらのポイントをしっかり抑え、髪のお悩み改善を期待しましょう。

頭皮を丁寧に洗う

頭皮は優しく丁寧に洗い、汚れをキレイに取り除きましょう。

爪を立てたり雑に頭皮を洗ってしまうと刺激を与えることになりますので、頭皮環境の乱れを招きます。

髪に摩擦を加えない

髪に摩擦を加えると、擦り合わされてキューティクルをはがすことになりかねません。

それに髪自体を傷めることになりますので、結果的に成長を妨げる危険性が高くなります。

髪を引っ張らない

髪を引っ張ると、髪の毛が無理に伸ばされプツンと切れてキューティクルの損失につながります。

シャンプー時に髪が絡まると無意識に行ってしまいがちの行為のため、十分な注意が必要です。

シャンプー以外でボリュームを出す方法は?

シャンプーは日常のヘアケアの中で細髪、猫毛、軟毛の改善を期待しますので、即効性は期待できません。

そのため今、ボリュームアップを期待しようと思えばシャンプー以外による方法も試してみたいですよね。

ここではそんなボリュームアップが期待できる方法を2つご紹介します。

ドライヤーでのヘアセット

細髪、猫毛、軟毛の方のヘアセットには、ドライヤーを使うという方法があります。

好みのエアリー感が出ると、その日は全てがうまくいきそうな…。

ドライヤーにはそんな魅力がありますので私もよく使いますが、熱による刺激には注意が必要です。

ここでは動画でドライヤーを使ったヘアセットの方法をご紹介していますので、参考にしながら好みのボリュームを出しましょう。

パーマやアイロンでボリュームを出す

髪のボリュームアップには、パーマやアイロンを使うという方法もあります。

キレイとカワイイを引き出してくれるゆるふわヘアは、今大注目のヘアスタイル。

そんなヘアスタイルには、トップのボリュームアップは欠かせません。

ここではそのやり方の動画をご紹介していますので、参考にしてオシャレなゆるふわヘアを目指しましょう。

まとめ

以上、細髪、猫毛、軟毛の原因や、その髪質に悩んでいる人向けのおすすめシャンプーをご紹介しました。

女性はほんのわずかなヘアスタイルの変化でも、その表情が変わります。

しかし、そんなヘアスタイルをボリューム不足で自由に変化させることができないことは、女性にとって寂しいことですね。

だからこそ、今悩んでいる髪質の改善が期待できるシャンプーにこだわっていただきたいと思うのです。

ここでご紹介したシャンプーを参考に、相性の良さそうなシャンプーを選び、髪質に捉われないヘアのオシャレを楽しみましょうね。

【人に言えない悩み解決法6選】