「カフェインで太るって本当?」

デブ1

ダイエットのために摂取しているカフェインが、もしかすると太る原因になっているかもしれません。

こちらでは、カフェインのダイエット効果や効果的な摂取方法、1日あたりの許容目安量とお伝えします。

また、カフェインで太る原因についてもまとめました。

カフェインを摂取しているのに、ダイエット効果どころか太ってしまったという方はぜひチェックしてみてください。

あなたのダイエットを、成功に導くヒントになるかもしれません。

>>ルイボスティーダイエットで痩せる!飲むだけ痩せるのはウソ?




【人気体験談記事2本】




カフェインとは何?

カフェインのダイエット効果を知る前に、まずはカフェインとは何かを知っておきましょう。

カフェインと聞くと、多くの方がコーヒーを思い浮かべるのではないでしょうか。

>>バターコーヒーダイエットで痩せる?デブになり健康を害する?

コーヒー以外にも、紅茶・緑茶・ウーロン茶などのお茶類、チョコレート・ココアなどのカカオを使った食品、栄養ドリンク・エナジードリンクにも入っています。

デブ2

カフェインとは、天然の有機化合物であるアルカロイドの一種です。

刺激や興奮作用を引き起こす、精神刺激剤のひとつとなっています。

主な効果は覚せい作用、利尿作用、解熱鎮痛作用、強心作用などがあります。

これらの効果があるから、コーヒーを眠気覚ましに活用したり、栄養ドリンクにカフェインが含まれていたりするのですね。

>>疲労回復に効果のあるコンビニで買えるドリンク類

カフェインでダイエットできる理由

さまざまな効果をもつカフェインですが、カフェインを飲むと太るという声とカフェインでダイエットできるという声があります。

まずは、カフェインでダイエットできる理由を見ていきましょう。

カフェインには脂肪燃焼効果があると言われています。

>>カプサイシンにダイエット効果はあるの?唐辛子で脂肪燃焼はホント?

脂肪を代謝する酵素にリパーゼという酵素がありますが、カフェインにはリパーゼの活性を促進する作用があります。

そのため、脂肪燃焼が促進されて痩せやすくなると言われています。

さらに基礎代謝に関わる、褐色脂肪細胞を活性化させる働きもあると言われています。

褐色脂肪細胞が活性化すると、体温が上昇し、基礎代謝量がアップするため痩せやすくなると言われています。

カフェインのダイエット効果をより高めるためには運動と組み合わせることがおすすめです。

デブ1

運動の30分~15分ほど前に、コーヒーを1杯飲んでおきましょう。

摂取するカフェインの量は200mgという説や、コーヒー1杯程度(カフェイン60mg)でいいなどとさまざまですが、飲み過ぎに注意して無理のない範囲ではじめてみましょう。

ダイエット以外のカフェインのメリット

カフェインは、ダイエット以外にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

利尿効果

コーヒーや紅茶を飲むと、お手洗いが近くなるという方も多いはずです。

それもそのはず、カフェインには体内の水分を排出しやすくする利尿効果があります。

むくみが原因で太って見える方にとっては、体内の不要な水分を排出してくれる利尿効果もダイエットに役立つ効果です。

カフェインの副作用はある?

「妊婦さんはカフェインの摂取を控えたほうがいい。」こんな話を耳にしたことがある方も多いと思います。

さまざまなメリットがありますが、気になるのがカフェインの副作用について。

カフェインによって引き起こされる可能性がある副作用は以下のとおりです。

・睡眠障害

・頭痛

・血圧上昇

・疲労感

あなたもこの中に、実際に経験したことがある副作用もあるのではないでしょうか。

またカフェインを過剰摂取すると、場合によっては死に至ることもあります。

カフェインは健康的な成人で、1日あたりの許容目安量が400mgとなっています。

コーヒーは100mlあたり60mgのカフェイン量と言われているので、余程のことが無ければ命の危険はありませんが、エナジードリンクには1本あたり200mgのカフェインが含まれていることも。

デブ2

水代わりに飲むと、健康を害する恐れがあるので気をつけましょう。

1日のカフェイン摂取量

ここでもう少し詳しく、1日あたりのカフェインの摂取許容目安量を見ていきましょう。

先ほど紹介した通り、健康的な成人の場合は1日あたり400mgまでが目安となっています。

医薬品の1日あたりの上限は500mg。

小さな子供(4~6歳)の場合は、1日あたり45mgとなっています。

妊婦さんの場合は、スウェーデンの研究によって1日あたりの摂取量が増えるほど流産するリスクが高くなるという研究結果も出ているようです。

カフェインと言えばエナジードリンクやコーヒーばかりを思い浮かべがちですが、コーヒー(エスプレッソを除く)よりも玉露の方が含有量は多くなります。

その他のお茶やココア、チョコレート、コーラなどにもカフェインは含まれているので気をつけましょう。

コーヒーの飲み方に失敗するとデブになる

摂取量に気をつけていれば、ダイエットやむくみ解消に効果があるカフェインですが、飲み方に失敗するとかえって太る可能性もあります。

その理由を見ていきましょう。

1つ目が、砂糖やミルクをたっぷり入れて飲んでいる場合。

ダイエットのためにコーヒーを飲むのなら、砂糖やミルクは控えましょう。

2つ目が、カフェインを摂取しすぎることによってもたらされるさまざまな影響です。

まず、カフェインを摂取する量・タイミングによっては、夜中に熟睡できなくなります。

睡眠の質とダイエットには非常に密接な関係があり、睡眠中に分泌される成長ホルモンには脂肪を分解する効果があります。

ただし不眠症状や睡眠の質が落ちていると、成長ホルモンの分泌が低下し脂肪分解効果が充分に得られません。

またカフェインを過剰に摂取することで、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌が促進されます。

デブ1

コルチゾールには、食欲を促進する効果があります。

カフェインを摂取しすぎることで食欲旺盛になり、いつもより食べ過ぎて太るということも考えられます。

何事も「過ぎたるは猶及ばざるが如し」です。

せっかくダイエットのためにカフェイン摂取したのに、太ってしまってはもったいないです。

カフェインの摂取しすぎには、充分に気をつけましょう。




最近のダイエットサプリは脂肪燃焼系やカロリーカット系のサプリなどが人気ありますよね。

しかし未だにダイエットサプリの定番として人気がありますのは酵素サプリなんですよね。それも「生酵素」ね!
(酵素ドリンクも人気はあります。しかし「生酵素」ではありませんし、味や臭いを嫌がる人は多いです汗)

デブイヤ編集部が生酵素をおススメする理由はダイエットだけではなくて美肌や健康、便秘などもサポートをしてくれるからなんです。

30代以降になると酵素は激減しますのでサプリにより体の外から補うことも大事だと思われます。


出典:http://kouzikouso.web.fc2.com/

痩せることだけを目的としたカロリーカットや脂肪燃焼サプリよりダイエット以外の美容や健康もサポートしてくれる生酵素サプリに興味のある人はこの記事(↓)読んでね!

>>生酵素サプリでダイエット!おすすめサプリ10選の効果や口コミは?

【関連記事】
>>脂肪燃焼サプリの口コミ多数!おススメのダイエットサプリ6選

まとめ

カフェインのダイエット効果、そしてカフェインで太る理由がお分かりいただけましたか?

カフェインはたくさん飲めば飲むほど痩せるものではなく、適量を運動の前に飲むことで効果的にダイエットに活用することができます。

もしこれまでコーヒーを飲むだけで痩せると思っていたという方は、飲むタイミングを見直してみてください。

普段運動をしない方は、出勤前や家事を始める前に飲むなどして、できるだけ体を動かす前に飲んでみてください。

これまでより、カフェインによるダイエット効果が感じられるはずです。




人気のダイエット体験談

もっと簡単に痩せたい人には…

人に言えない悩みを解決しませんか?