マックフライポテト

デブ1

マクドナルドのフライポテトは、時折、妙に食べたくなる食べ物の1つではありませんか?

ところが、ジャガイモ類は糖質が高い、としてダイエット中にはアウトな食材として認知されつつあります。

そこで、
「マクドナルドのフライポテトを食べてもダイエットに成功するのか?」
「綺麗に痩せることはできるのか?」

など、様々な観点から調べてみました。

「ダイエット中にマックのフライポテトを食べたい!」というときの参考になさってくださいね。

>>ポテトチップスは太るの?カロリーや体への悪影響は?




高カロリーでこってりしたポテトは食べたくなる

「マックフライポテトは大好物!」という方も多いのではないでしょうか。

美味しいものはカロリーは高いもの

…が世の常ではあるけれど、マックフライポテトをダイエット中に無性に食べたくなることもありますよね(笑)

マックフライポテトは高カロリーな油でじゃがいものスティックを揚げた食べ物。

ゆえに、カロリーは非常に高くジャガイモを使っているので糖質量も高い食べ物です。

何も考えずにパクパク食べてしまうと、「あっという間にカロリー、糖質の摂取量がドン!」っと上がってしまいます。

デブ2

が、マックフライポテトのジャガイモは糖質量は高いものの、ダイエット効果も十分にある食材なんです。

食べる方法によってはダイエットにも効果が高いともされています。

マクドナルドとコンビニのポテトのカロリーの比較

フライドポテトはマクドナルド以外でコンビニでも販売されていますよね。

コンビニ各社で販売されているフライドポテトとマックフライポテトのカロリーを比較していきましょう。

ファミリーマートのポテト・・・レギュラーサイズ:81gで321kcal。(西日本では292kcal)
(東日本と西日本とでは調理法が若干異なるので、カロリーに差が生じるそうです)

セブンイレブン・・・皮付きフライドポテト:263kcal

ローソン・・・フレンチフライ:309kcal

ミニストップ・・・ナチュラルカットポテト:389kcal、Xフライドポテト:343kcal

(ファミリーマート以外のコンビニは重量の公表はありません)

マックのポテトのカロリーは以下のようになります。

Sサイズ:249キロカロリー

Mサイズ:454キロカロリー

Lサイズ:571キロカロリー

コンビニのフライドポテトの重量は、「マクドナルドのサイズでいうとSサイズと同じくらいかな?」と思われます。

同じくらいのサイズとすれば、意外にもコンビニのポテトよりもマックフライポテトが一番カロリーが低いですね。

OK

味的にもマックフライポテトが一番おいしい気がします。

だから、食べたくなる中毒性があるのかもしれませんね。

しかし、MサイズともなるとSサイズの約1.8倍です。

デブ1

Lサイズのカロリーはハンバーガー(260kcal)を2つ食べたよりも高いカロリーになります。

ポテトは、カロリー、糖質ともに高いので太りやすい食材とされているので、カロリーや糖質量を抑えるためにはSサイズにとどめておきましょう。

マクドナルドのポテトの糖質

マックフライポテトの糖質量をサイズごとにみていきましょう。

マックフライポテト(S):25.5g
マックフライポテト(M):46.4g
マックフライポテト(L):58.5g
デブ2

糖質量はかなり高いですね。

デブ1

白いご飯軽く一膳が150gとして糖質量は55gです。

ポテトのLを食べればご飯を超えてしまう糖質量になります。

ハンバーガー類とセットにする場合には、Sサイズでも完食してしまうのは控えたほうがよいでしょう。

危険!セットで食べた時のカロリーと糖質?

マクドナルドで食事をするときには、普通、単品よりもセットで注文する人の方が多いですよね。

量もそうですが、コスパの面からも、セットの方がお得感があります。

低カロリー、低糖質のセットメニューもありますが、あまり注文している方はあまり見かけません。

「というのもハンバーガーでは少し物足りないんですよね…」

定番となるもので糖質量を見ていくとテリヤキセットを頼んだ場合には、テリヤキハンバーガー(40g)+ポテトM(46.4g)+コーヒー(0g)となり、糖質量は86.4gとなります。

さらに、コーヒーをファンタ・グレープLサイズにすると、糖質量が50.4gあるので合計136.8gと一気に糖質量が140g近くも摂ることになります。

デブ2

角砂糖でいうと10個分くらいの量ですから、かなり多いことがわかります。

>>糖質制限ダイエットで痩せるための具体的な方法

このメニューをカロリーで計算すると、テリヤキハンバーガー(519kcal)+ポテトM(454kcal)+ファンタグレープL(202kcal)となり、合計は1,175kcalとカロリーも相当なものになります。

見るとわかるように、「ポテトを除けば、まぁまぁこれくらいなら・・・」という数値になります。

マクドナルドに限りませんが、ファーストフードの醍醐味はポテトにあったりしますよね(笑)

悲しいことに、ポテトをつけてしまうとどうしても高カロリー、高糖質になってしまうのでダイエット中は注意したいですね。

しかし、注文するメニューによっては糖質量、カロリー量を抑えることができます。

>>ダイエット中の腹持ちの良い低カロリーの食べ物8選

高カロリーのポテトを食べても太らない方法はあるの?

ダイエット中でもたまにはマックに行きたいし、食べたくなることもありますよね。

無理に食事制限を続けると、リバウンドしやすくなるので、少しはダイエットの息抜きも必要です。

>>玄米食でリバウンドしないダイエットする。玄米のメリット・デメリットを知る

そこで高カロリーのポテトを食べても太りにくいメニューの選び方をご紹介しますね。

ポテトはSサイズと低カロリーメニューを1品だけならOK?

デブ1

ダイエット中はSサイズのポテトと低カロリーのメニューを1品だけなら大丈夫。

理想的なメニューはサラダもしくはチキンナゲットです。

サラダはドレッシングをかけなければ10kcalとかなりな低カロリーです。

チキンナゲットのカロリーも5個入りで263kcalです。

ポテトSサイズが249kcalなので、サラダならば259kcal。

デブ2

ナゲットを追加すると、522kcalなので、お昼ご飯にすれば低カロリーな昼食になります。

低カロリーなメニューは?

最も低カロリーなセットだと270Kcalとなります。

デブ1

ハンバーガー(260kcl) + サイドサラダ (10kcal)+ コカ・コーラゼロ(爽健美茶)(0kcal)です。

バーガー類はたくさんの種類があるのですがカロリーが他のメニューよりも高くなっているので注意です。

ハンバーガーを選ぶなら、ノーマルなハンバーガーは260kcalなので一番低カロリーです。

またフィレオフィッシュは341kcalと低カロリーになっています。

朝マックはエッグマックマフィンが310kcalですから、エッグマックマフィンを選ぶとよいですね。

飲み物は低カロリー・カロリーゼロ

マクドナルドで飲み物を選ぶなら、低カロリーまたはカロリー・ゼロドリンクを選びましょう。

お茶かブラックコーヒーならばカロリーは0です。

コーヒーは、ミルクやガムシロップ、お砂糖を入れてしまうと、カロリー・糖質が少し上がってしまいますよね。

できるだけ入れないようにすると、カロリーは抑えられます。

炭酸飲料やシェイクはカロリーが非常に高いので、できるだけ避けてくださいね。

>>痩せるダイエットお茶おすすめ10選!ダイエットお茶の効果や口コミあり

低カロリーな飲み物は?

炭酸飲料やシェイクはカロリーが高くなるので、低カロリーな飲み物を選ぶようにしましょう。

・コカ・コーラゼロ(L/M/S):0Kcal

・野菜生活100:66kcal

・爽健美茶(L/M/S):0Kcal

・アイスティー(S):2Kcal

・アイスティー(M):3Kcal

・プレミアムローストコーヒー(S):6Kcal

・プレミアムローストコーヒー(M):9Kcal

・アイスコーヒー(S):6Kcal

・アイスコーヒー(M):10Kcal

となっています。

ちなみに、ミルクやガムシロップのカロリーは以下の通りです。

・コーヒー用ミルク:13Kcal

・ガムシロップ:27Kcal

・シュガー:12Kcal

夜にポテトを食べるのは厳禁

夜にポテト類を食べるのは非常に危険です。

浅田真央ちゃんが先日TV番組で、「現役時代に夜、食べたことがなかった。引退してから、深夜にポテトチップを食べていたら5、6kg太ってしまった。」と言っていました。

夜、お菓子を食べると太るのはみなさん良く知っていると思いますが、ポテトはとても危険です。

>>太らない夜食おすすめは?空腹感を満たす食べ物

朝と夜はカロリーの吸収率が高くなるので、どうしても太る原因となってしまいます。

デブ2

ポテトを食べる時には、お昼ご飯などに食べるようにしましょう。

食べた後、午後は動くことも多いので、カロリー消費をすることができます。

>>ウォーキングでダイエットは成功する!痩せるための効果的な歩き方

フライドポテトを食べて痩せるのは本当なの?

フライドポテトは高カロリー・高糖質なので、食べたら即太る!というイメージがあります。

デブ2

が、フライドポテトの材料となるジャガイモにはダイエット効果もあるのです。

ジャガイモのダイエット効果をご紹介します。

脂肪の吸収を抑える

ジャガイモには脂肪吸収を抑制する働きのある成分が含まれています。

それがデンプン。

ジャガイモのでんぷんの一部にはレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)という消化することが難しいデンプンが含まれています。

通常、デンプンは胃や小腸で消化されますが、レジスタントスターチは消化されないまま大腸まで届きます。

消化されないということは吸収されにくいということになります。

レジスタントスターチによって脂肪の吸収が抑えられるため、ダイエット効果が期待できます。

さらに、レジスタントスターチが血糖値の上昇を穏やかにするので、摂取した糖質が脂肪になりにくくなるので太りにくくさせてもくれます。

腸内環境を整える

ジャガイモのでんぷんに含まれるレジスタントスターチ(難消化性でんぷん)は大腸まで届いて善玉菌のエサになります。

また大腸のエネルギーとなる酪酸(らくさん)を多く作る働きをもするので、腸内環境の改善が期待できます。

酪酸は大腸を動かす最大のエネルギー源です。また腸管粘膜の傷を修復するのにも役立ちます。そのため、酪酸がないと大腸は正常に機能しません。

引用元:https://gut-microbiome.com/diet/butyric-acid-bacteria.html

レジスタントスターチによって腸内環境が整えられれば、ダイエット中の女性の悩み事でもある「便秘」が改善され、腸内に蓄積されていた毒素や老廃物を体外に排出されやすくなります。

便秘が解消されると、体の代謝もアップ、つまり基礎代謝がアップするということになるので1日の消費カロリーが増えます。

デブ1

消費カロリーが増えることで痩せやすい体を作ることができます。

難消化性でんぷんによって、腸内環境が整えられると、便秘が改善され、今までは蓄積されていた老廃物や毒素が体の外に排出されます。

さらに、便秘が解消されると、体の代謝がアップし、1日の消費カロリーが増えるので、痩せやすい体を作ることができるのです。

満腹感

ジャガイモには、食べる時の過程でペプチドという成分ができます。

デブ2

このペプチドには満腹中枢を刺激する働きがあります。

少しの量を食べるだけで「お腹いっぱい!」と感じやすくなるので、ほかのものを食べるよりも満腹感があります。

満腹感が得られるということは、次の食事の量も減らすことができるので、結果的に1日の摂取カロリーを抑えることができます。

それによってダイエット効果が期待できる、ということ。

このような性質を上手に利用すれば、マクドナルドのフライポテトを食べても太らず痩せることができそうですよね。

まとめ

マックのポテトは高カロリー・高糖質なので、毎日のように食べていたり何も考えずにパクパクと食べていれば、間違いなく太ってしまう原因になります。

しかし、ポテトの原料となるジャガイモには脂肪の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにし、便秘を解消する働きもあります。

腹持ちもよいので、1日の総摂取カロリーをオーバーしないように食べれば、特に問題はありませんし、ダイエット効果も期待できるのです。

ダイエット中にマクドナルドのポテトが食べたくなったら、無理に「ダメダメ!」と制するのではなく、上手な食べ方をすれば大丈夫ですよ。

デブイヤでよく読まれてる記事